やる気だけでダイエットは成功するの?成功のための4本柱とは

筋肉がついている女性

ダイエットは、まずは”やる気”で始まりますが、実は”やる気”だけでは成功しません。あまり知られていませんが、ダイエットを成功に導くためには、”やる気”に加えて”実行””知識”継続”が揃っていなければなりません。

このどれか一つが欠けても成功しないのです。そこでダイエットを成功させる4本柱について紹介します。

ダイエットのやる気スイッチオン

カップラーメンと女性

ダイエットを始めるためには、まずやる気スイッチをいれなければなりません。

目標とする何かを常に見えるところに

やる気さえスイッチを入れれば、いつでもダイエットが始められる、ダイエットなんていつでもできるなんて思っていませんか。

このやる気スイッチを入れるのがダイエットの第一歩なのですが、実はこれが一番たいへんなのです。明日からしようなんて思ってしまうと、その明日がどんどん先送りされてダイエットに取りかかることが出来なくなります。

そうです、”いつでもできる”ではなく、”いますぐする”ためにやる気スイッチを入れなければなりません。そこで大切なのが、目標設定です。目標は、見えやすいところに設定することがポイントです。

周りにダイエット宣言する

こっそりダイエットをして成功したところで驚かせようと思うことはよくあると思います。実際ダイエットをしていることを公言するのは、失敗や中断を考えると恥ずかしかったりします。

しかし、一度ダイエットをしていることを宣言してしまうと中断しにくくなるのも事実です。まさしく背水の陣といったところでしょうか。ダイエットをしたいけれども、気持ちだけが先行しなかなか取り掛かりにくい人は、一度ダイエットをすることを宣言してみてはいかがですか。きっと背中を押してくれることでしょう。

明確で具体的な目標を立てる

では、どんな目標を立てたらいいのでしょうか。目標を立てる際に役立つのが、イベントや期日を決めることです。

目標にしやすいイベントの具体例では、結婚式があります。新郎新婦ならもちろん、効果的ですが、出席者の立場であっても構いません。結婚式は、たいていが数ヶ月先に期日がはっきりと予定されています。そして久しぶりに再会する人も多いことでしょう。この数ヶ月という期間、結婚式というポジティブなイベントはダイエットの目標に最適です。

結婚式はそうそうあるものではありませんが、その他にも「夏に水着を着るために」とか、「バレエの発表会があるから」とか、明確ではっきりした目標はほかにもいろいろあるはずです。

あまり遠大な目標を設定してしまうと、挫折してしまうことにもなりかねないので、目標はポジティブな出来事や日付の決まった単純で明確なものにするほうがいいですね。

ダイエットの名言

ダイエットを成功に導く名言があります。なるほどと思わせるものから、おもわず笑ってしまうものまでいろいろあります。いくつかを紹介しましょう。

「痩せようとしないで、太るのをサボれ。」

なかなか上手いことを言いますね。

「今日の我慢は 明日の自分への投資」

本当、これに尽きるのですが、なかなか難しいんですよね。

「ダイエットしなくちゃ!ダイエットしなくちゃ!ダイエットしなくちゃ!・・・言い続けて何年たった?」

気持ちばかりが先行し、実行できていない焦りが感じられますね。

「お腹のたるみは 心のたるみ」

そうなんですよね・・・。

「人の腹見て我が腹直せ」

なかなか痛いところをつかれたといったところでしょうか。

「やせないデブはただの豚だ」

なんだかブタさんが赤い飛行機を操縦しているアニメにでもできてきそうなセリフですね。

ダイエットの知識を身につける

効果的なダイエットを行うためには、ダイエットの知識を理解しておくことが大切です。

消費カロリー>摂取カロリー

どうしてヒトは太るのでしょうか?ヒトが太る理由は、からだが必要とする以上にカロリーを摂取したからです。つまり、からだが日常生活で消費するカロリーよりも多くのカロリーを取り込んだ結果ということです。

ですので、ヒトに限らず、運動量よりも摂取量が多くなればイヌやネコなどどんな動物でも太ってきます。まぁ、草食動物は、カロリーの摂取効率が悪いので太ることはほとんどありませんが。

脂肪は、この摂取し過ぎたカロリーが形を代えて体内に蓄えられたものです。もし、飢餓状態に陥ったときは、脂肪からエネルギーを取り出すようになっています。しかし、現代社会では飢餓状態に陥ることは非常に稀で、むしろ脂肪を消費するどころか蓄積していく傾向が高いのが現実です。

脂肪燃焼させるには

脂肪を燃焼させるということは、過剰になったカロリーの蓄えを消費するということです。脂肪を燃料ととらえて燃焼という表現が使われています。

脂肪を燃焼させるためには運動をするのが最も効果的です。厚生労働省ではメタボリックシンドローム改善のために運動をすることを推奨していますが、これによりますと、有酸素運動がいいということです。

有酸素運動の種目としては、ウォーキングやジョギング、水泳、サイクリングなどがあげられています。こうした有酸素運動をできることなら毎日、一日につき30〜60分で、一週間あたり合計して180分以上の運動量になるようにすることを勧めています。

運動の強度は、ややきついと感じる程度、心拍数が1.5倍になるくらいを目安にということです。

もちろん、無理をしてまで運動をするのはかえって逆効果ですから、体調に合わせて無理なくすることが大切です。こうして脂肪を効果的に燃焼させましょう。

正しい運動の仕方などを知る

運動で脂肪を燃焼させるために大切なことは、正しい運動方法を理解しておくことです。例えば、腹筋を鍛えるなら、腹筋の正しいトレーニングフォームやそれぞれの難易度を知っておかなければ、腹筋を傷めるだけになってしまい、意味がなくなってしまいます。

筆者も、鍛錬棒という8[kg]ほどの金属製の棒を毎日素振りしていたのですが、姿勢が悪かったのか結果的に背中をいためてしまい、中断のやむなきに至りました。そのとき、専門家に指導してもらう、正しい方法で行なうことのたいせつさを身にしみて思いました。

からだをいためてしまわないためにも、正しいトレーニングの仕方や姿勢を紹介しているDVDなどを利用することをお勧めします。

食事管理は必須

脂肪を燃焼させるために運動を毎日適度に頑張っても、運動で消費した以上のカロリーを食事で摂取してしまっては意味がありません。適度な食事管理は必要不可欠といえます。しかも、正しい食事管理ができていないと、健康的にダイエットをすることができません。

ダイエットの食事管理は、まず間食とお酒の制限から始めるといいでしょう。ダイエット中は間食と飲酒をしないことが基本です。おやつやお酒が習慣づけられている人には、ハードルが高いでしょうが、頑張って欲しいところです。どうしても食べたい時、飲みたい時は、量と時間を気をつけるようにしてください。

続いて気をつけておかなければならないのが、カロリーコントロールと栄養バランスです。そこで、低カロリーの食材や脂分の少ないお肉を使った料理で、できれば和食を中心とした食事にすることがお勧めです。

また、食べる順序も関係してきます。野菜から食べ始め、つぎにタンパク質、炭水化物の順で食べる方がいいです。このような点に気をつけて、健康的なダイエットを心がけてください。

ダイエットを実行する

はかり

実際に行うためのグッズを準備

ダイエットをするためには、まず体重計が欠かせません。体重を把握できなければ、変化も目標までの到達度も把握することができないからです。

また、ダイエットを効果的に行うためのグッズもあります。ダイエット・グッズといえば、バランスボールやダンベル、自転車などの運動に関するグッズが思い出されることと思います。

ところが、クッション、着圧ソックスやリフトアップベルトなど身につけるタイプのグッズもあります。どのようなグッズが効果的か、自分自身のニーズに合っているか、一度お店で相談してみてください。

目標に向かって実行する

いついつまでにダイエットを成功させる!!という目標を立てたら、あとは目標に向かって頑張るのみです。カレンダーに書き込んで見えるようにしておくのもいいかもしれませんね。

1日ずつ記録する

体重の記録や運動量の記録は、毎日つけた方がいいです。日々の変化や努力を目で見ることが出来るからです。

少しずつでも体重が減っていくのが目で見えたり、運動を続けて消費カロリーが毎日蓄積していったのをグラフで見たりする、やはり目で見て効果が感じられるのは、ダイエットを継続するためのモチベーションになります。

ところで、体重を見ていると、昨日より今日の方が増えていたりすることもあります。けれども、日々の増減に一喜一憂することはありません。多少の増減はあるものです。長期的な視点で見れば、そんなささいな増減は心配ない場合がほとんどです。自分を信じて、決めた目標に向かって着実に歩みを進めましょう。

アプリの使用で効率的に

ダイエットを成功させるために役立つアプリもあります。代表的なものが体重管理アプリ、食事管理アプリ、運動サポートアプリです。体重管理アプリでは、日々の体重の変化や目標までの到達度が確認できます。食事管理アプリでは、日々の食事の内容や食事のカロリーを把握することができます。運動サポートアプリでは、運動の種類とそれに伴う消費カロリーが計算できます。運動の消費カロリーを記録しておくと、運動を続けようとする動機付けにもなります。

この他にも食事のレシピを紹介するアプリもあります。アプリを使って、効率的なダイエットを実現しましょう。アプリの関してはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

脚痩せにおすすめのアプリ26選!脚痩せに必要な4つのこと

2017.12.15

一番重要で難しいのはダイエットを継続すること

靴を履いている女性

ダイエットを行なう上で最も大切なことが継続性です。ダイエットを頑張ってみても、それが一過性で終わってしまえばダイエット効果は得られません。

無理な運動はしない

脂肪を燃焼させるためには、運動、特に有酸素運動が必要です。からだを動かさないことには蓄積された脂肪を減らすことは出来ません。

しかし、からだにむち打ってまでする運動では続けることは難しいですし、かえってからだをいためてしまうことにもなりかねません。

運動量は無理がない程度に留めて、継続的に運動できるようにすることが肝心です。

過度な食事制限はしない

運動と同じくらいに大切なのが食事の管理です。運動で消費した以上のカロリーを摂取してしまうようでは、ダイエットは成功できません。しかし、だからといって無理な食事制限はしないようにしてください。

食べるということはヒトの基本的な欲求のひとつです。ここを無理強いしてしまえば、継続的な食事管理は出来なくなります。しかも、カロリーは太る原因にもなりますが、ヒトが生きていく上で欠かせないエネルギーでもあります。

過剰な食事制限を行なうと栄養不足状態になってしまうおそれもあり、健康のためのダイエットが健康を害してしまう原因にもなりかねません。カロリーの制限は大切ですが、やはり度を超してまで制限してしまうのはよくないです。

習慣化する

定期的な運動と、バランスの良い栄養を適切な量だけ摂取することを日々の習慣とすることが出来れば、しめたものです。日頃の習慣としてしまえば、ダイエットのポイントである継続性が得られるからです。

運動と食事管理を習慣的に行なえるようにしたいものですね。

継続するためには1のやる気が重要

ダイエットを成功させるポイントの一つにあげられる”継続性”。続けられなくては意味がないわけですが、続けるために大切なのが、”やる気”です。当然のことですが、やる気がなければ続きません。やる気を奮い立たせるためにも、最初に設定した目標を忘れず、一歩一歩着実に前進することが大切でしょう。

ダイエットのプロに見てもらう

ダイエットはひとりでは続けにくいもの。続けるために励ましたり、アドバイスをもらいたいと思ったことはありませんか?そんな時はオンラインでトレーナーにアドバイスをもらうのはいかがでしょうか。

ビアンカオンラインダイエット

ダイエットの4本柱

ダイエットを成功させる秘訣は、やる気だけではありません。正しい知識をもつことと、それを実行すること、そして、続けることの4本柱がたいせつです。

まずは、継続的にチャレンジするために、明確な目標を立ててください。そして、正しいダイエット法を知りましょう。正しいダイエット法とは、運動の方法、食事管理の方法、グッズの利用法などです。どれを欠いても、ダイエットの成功は難しくなります。

ダイエットの正しい知識を覚えたら、あとは、続けていくのみです。さぁ、ダイエットにチャレンジしましょう!!

ABOUTこの記事の監修者

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。