脚が太くなる原因は脂肪?脂肪を落として脚痩せする方法4つ

体重計の上に人が乗っている
上野 由理

脚が脂肪で太くなってしまうと、似合っていたはずのミニスカートをカッコよく着こなすことができなくなりますよね。いつか履こうとタンスの奥にしまったままになったミニスカート、一日も早く日の目を見せてあげたいと思いませんか。脂肪で太ってしまった脚を細くするにはそれに合った方法があるんです。今回は脂肪太りした脚を細くする方法をご紹介します。

脚の太さは脂肪から

下着の女性が5人並んでいる

脚が太いことを悩んでいらっしゃる方はけっこう多いですよね。とくに肌の露出度が上がる夏になると、「夏がはじまる前にダイエットしておけばよかった…」と後悔することも多いのではないでしょうか。

とはいえ、脚が太いと感じる度合いは人によってさまざま。他者から見れば細いと感じる太さであっても、当人にとっては恥ずかしくて街を歩けないと感じることもあります。

しかし、明らかに脚が太い場合、その原因の大部分は皮下脂肪です。脂肪を落とさなければ、脚は細くなりません。

むくみ改善だけでは細くならない

脚が太い原因のひとつに、むくみがありますよね。長時間、ずっと同じ姿勢でいる職業に就いていらっしゃる方、あまり動かない方などは、おもに下半身の血液やリンパ液などの体液の流れが滞り、つま先から足首、ふくらはぎや太ももがむくんでしまいます。その結果、脚が太く見えてしまうのですが、むくみが原因で脚が極端に太くなることはありません。

むくみを改善するために、マッサージやストレッチなどを行ってみればわかります。むくみが取れると脚が引き締まりますが、もともと太い脚が細くなることはありません。

女性で筋肉太りは考えにくい

脚が太いもうひとつの原因に、筋肉太りがありますよね。かつて運動していらした方、現在も運動されていらっしゃる方は、ふくらはぎなど筋肉がついて脚が太く見えることがあります。

しかし、だれが見ても「脚が太い」と感じるほど筋肉がつく運動はかなり本格的なもの。ボディビルダーやスポーツ選手ではない限り、日常的に運動をされていらっしゃる方でも、そこまで筋肉がつくことはありません。

脂肪の種類は2種類

脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。白色脂肪細胞は、皮下脂肪や内臓にあって、使われなかったエネルギーを脂肪として蓄積していきます。一方の褐色脂肪細胞は、鎖骨のまわりや胸のまわりにあって、脂肪を燃焼し、熱を生み出す働きをします。

実はこれまで、褐色脂肪細胞は新生児にしか存在しないと思われていましたが、脂肪細胞の研究が進んでいく中で、成人にも存在することがわかり、肥満の予防や治療に大きく役立つことが期待されています。

脂肪を落とすことは難しくない

脂肪が増える原因は、食べ物などで摂取したカロリーが、運動などで消費するカロリーよりも上回っていること。ですから、脂肪を落とすためには、食べ物を減らし、運動を増やせばいいわけです。

実はそんなに難しいことではありません。少しだけこのことを意識すれば、理論上、脂肪は落ちてきます。ただ、すぐに結果が出ることではないため、継続して成果を実感するのに多少時間がかかります。これこそ、ダイエットの難しさですよね。

有酸素運動で脂肪燃焼

女性が丘の上を登っている後ろ姿

脂肪を燃焼させるには、運動すること。とくに有酸素運動を行うことで、消費カロリーが増えていきます。

有酸素運動とは、ウォーキングや軽いランニングのように、長時間、続けることができ、かつ、軽度から中程度の力で筋肉を動かすことのできる運動のことです。体内に取り込んだ酸素を使って、体内に蓄積された糖質や脂肪を燃焼させていきます。

すぐに脚に効果がでるわけではない

酸素を使って体を動かすことで、糖質や脂肪が燃焼されていくわけですが、だからといって、その効果がすぐに見られるわけではありません。

お腹周りから先に落ちて脚が細くなったと思われるには、それなりの時間と努力が必要となります。ここが、ダイエットの難しいところでもあり、成功するかしないかを大きく分けるポイントですよね。

脂肪が燃焼するメカニズム

ところで、体に蓄積された脂肪はどのようにして燃焼するのでしょうか。そもそも、蓄積された脂肪は、白色脂肪細胞の中に閉じ込められています。これを分解するために必要なのがリパーゼという酵素です。

では、この酵素はどのようにして働くのでしょうか。血糖値を操作するインスリンや心拍や血圧を上げるアドレナリンなどのホルモンによって働くようになります。これらのホルモンは、運動することで分泌されます。

ホルモンが分泌されると、脂肪を分解する酵素であるリパーゼが働きはじめます。すると、蓄積されていた脂肪が、遊離脂肪酸に変わります。こうして脂肪酸は燃焼されるようになり、さらに、褐色脂肪酸が熱に変えて消費していくのです。

ちなみに、ホルモンを分泌させるために必要な運動とは、長時間続けることのできる軽度から中程度の運動のこと。つまり、有酸素運動のことです。こういうわけで、脂肪の燃焼には有酸素運動が必要となるわけです。

おすすめの有酸素運動

ここでオススメしたい有酸素運動は、はじめやすいウォーキングです。はじめかたはいろいろあります。すでにジムに通っていらっしゃる方は、ランニングマシンを使ってはじめてみましょう。

「でも運動する時間があまりなくて…」という方にオススメしたいのが、出勤時間を使ったウォーキング。いつも下りる駅やバス停の手前で下り、30分程度歩けるように調整します。

こうしていままでよりも30分早く家を出るだけで、日々の生活に有酸素運動を取り入れることができます。会社を辞めるとか、何らかの理由がない限り続けることができるので、この方法はとってもオススメです。

脚の脂肪太りを効率よく解消するコツ

サラダと赤いジュース、ノートが机の上においてある

運動によって脂肪が燃焼されることはわかりましたが、効率よく燃焼させるためにはやっぱり食生活の見直しが大切です。というのも、太る原因は食べ過ぎていることだからです。

日々の生活に運動を取り入れることが習慣になっていったら、いつもの食事を少し減らすだけでも、さらに効率よく脂肪太りを解消することができます。食べることで摂取したカロリーよりも多くの運動でカロリーを消費すればいいのです。

コツは消費カロリー>摂取カロリー

たとえば、食生活をいままでどおりにして、運動を多く取り入れた場合、カロリーを消費することでそれまでよりも痩せていきます。消費カロリーを摂取カロリーよりも多くすることで痩せていくからです。でも、何らかの事情で運動ができなくなったら、元に戻ってしまいますよね。

つまり、運動によって脂肪を燃焼させることも大事ですが、食生活を改善することも重要なのです。食生活とは、食事の内容だけではありません。食べる時間帯も大切です。1回の食事の量を極端に減らしても、つねに何かを口に入れている人は、やっぱり太ってしまいますよね。

ダイエットする時の食事

英語のダイエットは、体重を減らすための食事制限のことを意味しますよね。つまり、ダイエットの本来の意味は正しい食生活のことだと言えます。

食事の内容は、やはり脂肪になりやすい食品を避けることです。野菜を多く摂り入れ、全体的に量をいつもより減らします。

消費カロリー>摂取カロリーの原則から考えても、夜遅い食事はNG。寝る前の3時間前に食事を食べ終わることを目指してください。食べすぎる弊害はあっても、食べ過ぎないなどで健康上問題になることはありません満腹になるまで食べない「腹八分目」で控えることです。夕食後にカロリーを消費することは難しいため、あまりにも遅い食事は太ってしまいます。残業などでどうしても遅くなってしまう場合、夕方、可能な限り食べておき、帰宅後にはカロリーの低い野菜スープを食べるなど、調整をします。

ダイエット中の間食は、カカオの量が多いチョコレート、くるみ、アーモンドなどに替えてみましょう。

毎日コツコツとがコツ

食事を改善したら、その食生活を続けていくことが何よりも大切ですよね。そのためにも、無理な食生活改善はNGです。続けられることをやっていかないと、ダイエットが成功しませんし、たとえ成功しても、リバウンドしてしまいます。

ですから、あまり無理な制限はしない方がベター。毎日のちょっとしたことをコツコツと続けていくことこそ、成功への道となります。

むくみは解消しよう

むくみの原因の多くは、血液やリンパ液などの体液が滞っていること。長時間、同じ姿勢でいるデスクワークや立ち仕事、ドライバーなどの仕事のほか、家であまり動かない方も、体液が滞ってしまうことで、むくみやすくなります。

むくみは、運動することで解消されていきますが、なかなか運動することができない方は、日ごろからマッサージを施して、体液を流すようにすると改善されます。

脚がむくんでいると、太く見えてしまいます。意識してむくみは解消するようにしたいですね。

脂肪太りの脚痩せをする時の嘘

太ももの肉を右手でつかんでいる

脚が太くて悩んでいると、「××するだけで脚痩せできる」といったさまざまなうたい文句につい惹かれてしまいますよね。中には、まったく論拠のないうたい文句もちらほら見受けられます。

脂肪で太った脚がどうしたら痩せるのか、そのメカニズムをしっかりと理解し、こうしたうたい文句が本当かどうかを判断する力が必要です。そして、ご自身に必要な情報を、だまされることなく取捨選択して、効率よく痩せていきたいですね。

揉むだけで脂肪が燃焼は嘘

脂肪が燃焼するメカニズムは、長時間続けることのできる軽度から中程度の有酸素運動などによって、脂肪を燃焼しやすくするためのホルモンを分泌させることです。したがって、マッサージだけでは脂肪は燃焼しません。

ただし、マッサージによって血行がよくなると、基礎代謝量が上がるため、脂肪燃焼の助けにはなります。日常的にマッサージやストレッチを取り入れることは身体のためにもいいことです。

痩身エステは脂肪燃焼されない

痩身エステは、サロンによってさまざまなメニューがあります。手や機器を使ったマッサージ、ツボや鍼灸、カッピングなどによる施術、体を温める温浴など、実にさまざまな内容が魅力的ですよね。

こうしたさまざまな施術は、ダイエットの助けになりますが、やはり脂肪は燃焼されません。脂肪が燃焼するメカニズムは、軽度から中程度の運動を続けることによって、脂肪燃焼を促すホルモンが分泌させることです。

セルライトをつぶすのは困難

太ももやお尻の表面がゴツゴツして、見た目にキレイではないセルライト。これは皮下脂肪の一種ですので、特にセルライトの中にコラーゲンという弾力繊維が形成されていることがありますので、それを引きちぎるように揉み潰すようなマッサージが必要です。

セルライトを除去するためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やし、脂肪を燃焼していくしかありません。

骨盤が歪むの嘘

「骨盤が歪んでいる」という表現、だれしも耳にしたことがありますよね。でも、この表現を文字通りに受け取ってしまうと、それは嘘になります。骨盤は歪みません。歪むのではなく、バランスが悪くなるのです。

ただし、座り方や立ち方、歩き方など、日常生活での癖や、何らかの原因などによって、前後に体が傾いてしまったり、左右の高さが異なってしまったりなど、バランスが悪くなってしまう状態のことを「歪んでいる」と表現されている方もいらっしゃいます。そのことを理解しておくようにしましょう。

脂肪燃焼には有酸素運動

脚が太い原因の多くが脂肪太り。脂肪を燃焼させるには、有酸素運動を取り入れなければなりません。同時に、食生活を改善し、「こうすれば痩せる」などのうたい文句に振り回されず、目標を持ちコツコツ続けていくことです。

ABOUTこの記事の監修

上野 由理

美脚マエストラ
上野 由理

美脚専門サロン「サロン・ド・コンソラーレ」代表
《経歴》
フジテレビ系列「ノンストップ」内「いいものセレクション」で自身のプロデュース商品「ピアノウォーク」を紹介
日本テレビ系列「ズームインサタデー」で「膝上のお肉をとるマッサージ法」を紹介 他 多数出演
美容の世界に20歳から入り、22年ほど女性の美と向き合っていきました。
業界3位のエステサロンで、美顔、脱毛、痩身の3つのコースをさせていただき、下半身やせの需要が多いことを現場で気付く。ミス・ユニバースのファイナリストを美容責任者として担当。
恵比寿の総本店と青山、赤坂、自由が丘の4店舗の責任者を務め、個人の売上は全国100店舗中1位をキープし、結婚を機に退社・出産。出産後20キロ太り美脚になる歩き方を考案現在に至る。
美脚マエストラとして、講演会・美脚ジャーナリスト・コラム執筆・商品開発・美脚コンテンツの監修など幅広く活動。
朝日新聞デジタル運営協力「マイベストプロ」神奈川版 上野由理プロ
AFA公認ウォーキングアナリスト
AFA青山フットアカデミー認定・自然療法フットケア入門講習会認定校・認定講師
《専門分野》
足・靴・歩行での脚痩せ。
《メッセージ》
足・靴・歩行から魅せる脚へ。 理想的なあなたの美脚作りをお手伝いします。
これまで5万人以上の女性に、「触りたくなるほど綺麗になる脚」を手に入れる歩き方、「ピアノウォーク」を伝えてきました。
きれいなラインの脚、「わたしには縁がないわ」と思っている女性はいませんか。
諦めることはありません。
誰でもその人が持つ、最高に美しい脚線美を手に入れることができます。