女性として魅力的な脚の条件と魅力的な脚になるための秘訣8選

魅力的な女性の脚とはどのような脚でしょうか?皆様それぞれ憧れる理想の脚があると思いますが魅力的な脚には共通の特徴があります。今回は女性の魅力を引き立てる脚について詳しくご紹介して参ります。

女性の脚でガッカリした経験

背伸びをして男性にキスをしている女性

多くの男性は女性の脚が大好きです。つまり、女性が思っている以上に男性は女性の脚をチェックしているものです。当然、しっかりケアをしていないと男性は女性の脚にガッカリしてしまいます。まずは男性目線では、どんな脚にガッカリしてしまうのかをみていきましょう。

ムダ毛だらけ

なかなかいないとは思いますが、もっとも男性がドン引きしてしまうのが、「ムダ毛だらけの脚」です。

女性側からしたらちょっとした油断の証なのかもしれませんが、男性はそのスキを見逃しません。また意外と同性の視線は厳しくて、思わぬところでチェックを入れられていることも。

スネ毛が濃かったり、処理が雑だったりするだけでなく、処理で脚を傷つけてしまったりしているのもガッカリな脚の特徴です。お手入れは念入りに行いましょう。

カサカサ

次に多いのが、脚のカサカサです。女性からしたらそんなのバレないでしょって思っているかもしれませんが、脚でも「かかと」だと見た目にもカサカサしているとバレてしまいます。ひび割れにも近い状態は最もガッカリされますよ。

さらに、カサカサは脚のスネなどにも多く見られます。例えば触れた場合にはすぐに分かってしまいます。

脚のカサカサや「かかとのひび割れ」は、年齢が老けて見えてしまう可能性があるので、しっかりとケアしていくことが大事です。

脚が太い

もちろん、脚の太さも男性がガッカリする対象です。好みの問題もあり必ずしも太い脚が悪いわけではありませんが、一般的には男性は脚が太いのにガッカリするようです。

脚が太いと生脚が似合わない、体全体が太く見える、そんな印象も持たれてしまいがちです。

脚の形(O脚やX脚)

最後にあげるのが、脚の形です。男性はスッキリとした、まっすぐな美脚に惹きつけられますし、もちろん女性も憧れますよね。つまり逆にいえば、脚の形が変だと男性はガッカリしてしまうようです。

形の歪みといえば、O脚が代表的な脚ですが、それ以外にもX脚などもありますよね。

これは生まれつきな場合も多いので、なかなか改良することはできないものですが、整体や整形外科などでしっかりとした治療や矯正を行うことで治すことは可能だといわれています。

脚の形は骨盤の歪みなどから引き起こされている可能性もあるので、骨盤は体全体への影響もあります。だからこそ積極的に改善していくことをオススメします。

理想的な女性の脚

脚を組んで座っている女性

ここまで男性がガッカリする脚について紹介しましたが、それではどんな脚が理想的な脚なのでしょうか?ここでは、女性の理想的な脚について1つずつ紹介していきたいと思います。

メリハリのある脚

脚が太く見えたり、汚くみえたりする原因に脚に「メリハリ」がないことがあげられます。でも「メリハリのある脚」ってどんな脚のことなのでしょう。「メリハリ」がないとたとえ脚が細くても脚は魅力的に見えないので、とても大切な要素です。

悪い例えでいえば、ただ単にゴボウのように細くても脚は綺麗に見えないということです。大事なのは、「メリハリ」なんです。

太ももやふくらはぎも、ただ細いだけではなく、ある程度のボリュームがあり、綺麗な曲線を残しつつ適度な筋肉が美しさの秘訣です。

その上で足首がキュッと細くしまっていれば、さらにふくらはぎや太ももの曲線が際立つということになります。適度な運動などで、脚に「メリハリ」をつけて美脚を目指しましょう。

思わず触れてみたいぷにぷにっとした柔軟性のあるしなやかな脚

次に紹介するのが、「柔軟性」についてです。実は、脚も柔軟性が高いと、綺麗に見えますし、痩せやすい体質を維持できることをご存知でしょうか?

体の柔軟性というのは、関節の部分の可動がスムーズであることをいいます。この関節部分というのは、筋肉や靭帯、腱だけでなく、骨と骨が合わさる部分です。ちょっとした運動をした際にも効果の出方に差が出てきます。同じ運動をしても、柔軟性がある脚の方がダイエット効果も得られやすいのです。

日頃からストレッチなどで柔軟性のあるしなやかな脚にしておくことで、脚線美もきれいになるだけではなく、痩せやすい体質のキープに役立ってくれます。

肌がすべすべ

理想的な美脚と聞けば、返ってくる答えのナンバー1は、やっぱりすべすべ肌の脚といわれています。逆に先にも紹介しましたが、ムダ毛処理などを怠っている、すべすべしていないお肌はNGの一番手です。

肌がすべすべの脚こそが、理想的な脚なのです。なかには例え、脚が細かったり、長かったり、綺麗な脚線美だったとしても、すべすべじゃなければ意味がないという人もいるほど。

せっかく、脚が細かったり、長いのであれば、積極的にすべすべな脚になるように努力しましょう。特にすべすべな肌は年齢が若く見えるというプラスポイントでもあるのでお手入れはかかさないようにしましょう。

大事なのは足首

女優やモデルさんなどの綺麗な脚をテレビや雑誌でよく見かけたり、特集されているので、世の男性の目は肥えてしまっています。

そのため、どんなに脚が細くても、「足首が締まっていないとNG」だったり、「すらっと長い脚より足首が細い方がいい」とか、「足首が太いと、それだけで残念」などの意見が聞こえてきます。

実際に体全体が太めにみえる女性でも足首が細いだけで、スッキリ見えることがあります。いずれにしても、理想的な脚に近づけるためには、上から下まで、肌の質感やムダ毛処理まですべてに手を抜かないことが必要になります。

理想的な脚を手に入れるためにも、次から紹介する改善方法や運動などを日頃から生活に組み込んでいきましょう。

まずは触り心地から改善しよう

無駄毛のない綺麗な自分の脚を撫でる女性

ここからは、女性の脚を綺麗にしていく方法を紹介していきます。個人個人それぞれ毛の濃さや範囲は様々ですので、自分にあった方法を選択してください。他にも、保湿対策や太陽の紫外線から脚を保護する方法も紹介します。

脱毛

脱毛と除毛を同じものだと思っている方もいるようですが、全然違うものです。ポイントを押さえておきましょう!

脱毛は、毛を毛根からごっそり取り除いてしまう方法なのに対して、除毛は肌の表面にでている毛だけを取り除く方法なので、しばらくすると毛は生えてきます。

もちろん、脱毛もただ、自分でピンセットなどで抜くだけだと生えてくるので、プロの手を借りることも大切です。

しっかりとした脱毛をしたいのであれば、自己処理でやらずに脱毛専門のエステやクリニックに行き処理してもらうのがオススメです。

施設で行う処理は専門的で、エステやクリニックにより以下にわかれます。

エステ・・・光脱毛、ワックス脱毛、レーザー脱毛
クリニック・・・レーザー脱毛

どちらも骨の上や粘膜に近いほど強く感じますが、毛周期があり、表面の毛は全体のの毛量の3分の1と言われており、毛周期の中でも「成長網」の脱毛が効果的です。

一方で、自分で行う場合のワックスや家庭用脱毛器であれば、ほとんど痛みはありませんが、その代わり、毛穴に炎症が起きたり、色素沈着などのトラブルが発生する可能性があるので注意が必要です。

除毛

除毛の基本は、ただ単にカミソリなどでムダ毛を剃る方法か、クリームなどの除毛剤を使う方法にわかれます。どちらも除毛には特有の弱点があります。

カミソリなどの毛を剃る場合には、どうしてもカミソリ負けなどにより肌を傷つける可能性があります。肌を傷つけてしまうとそもそもの目的である綺麗な脚にはならないので除毛をする場合には、クリームによる除毛がおすすめです。

クリームによる除毛では、アルカリ性のチオグリコール酸カルシウムという成分によって毛を溶かします。剃る場合よりも次に生えてくるまでに時間がかかるので、一定期間ツルツル肌を維持できます。

ただし、クリームによる除毛の場合でも、肌トラブルが起きる可能性はあるので、肌が弱い人はクリニックなどで安全に脱毛しましょう。

除毛のメリットは、お金があまりかからず自宅でできることです。脱毛と除毛のメリットとデメリットを考えて選択することをオススメします。

毎日の保湿

脚の触り心地を保つには、脱毛や除毛も大切ですが、毎日の保湿も忘れてはいけません。

特に乾燥しやすい人は、スネやかかとがすぐにボロボロになってしまい、男性がガッカリする脚であるカサカサ脚になってしまいます。そうならないためにも、毎日しっかりと保湿しましょう。

保湿のベストタイミングはお風呂の時間です。まずは保湿効果のある入浴剤を使ってみましょう。オススメなタイプはお湯にとろみが生まれるような柔らかい感じの入浴剤です。お湯の温度は、長時間つかれるように少しぬるめで設定しておくと良いでしょう。

そして、お風呂上がりにはしっかりと保湿剤か化粧水で保湿しましょう。さらには炭酸水を使う方法も流行っています。炭酸水には保湿効果があるわけではないですが、浸透力をアップしたり、脚の汚れをとったり、血行を良くしてくれるので保湿剤との相性も抜群です。

日焼け止め

綺麗な脚をつくるために、忘れてはいけないのがダメージを未然に防ぐことです。その中でも一番大事なのが日焼けです。多くの人が美脚のための日焼け対策を怠っています。

脚が日焼けしてしまうと、当然シミなどの原因になってしまいます。一般的には色白の美脚の方が男性に好かれるので、ぜひ肌を焼かないことを意識してください。

夏だけでなく素足を太陽にさらす場合には脚に日焼け止めを塗るようにしましょう。サンダルの場合にはしっかりと足の甲にも日焼け止めを塗ることも忘れずに。日光から垂直に攻撃を受ける甲の部分はもっとも「うっかり」日焼けしやすい場所です。

さらに日焼け止めはそのまま塗っておくと肌トラブルの原因にもなる可能性があります。2時間おきに付け替えてください。そして、しっかりとクレンジングで1日の終わりにメイクのように落とすようにしましょう。

メリハリのある脚へ

太ももの裏を伸ばすストレッチをしている女性

メリハリのある脚を手に入れるためには、運動や筋トレなども必要です。余計な脂肪を落として、適度な筋肉をつけることが美脚につながります。

そこでメリハリのある脚に向けての最終ステップを紹介していきましょう。

脂肪太りにはコツコツ運動

脂肪太りという言葉を聞いたことはありますか?脂肪太りは、メリハリのある脚、ガッカリさせない脚を作るには最大の敵です。

脂肪太りすると、太ももに肉がどんどんついてしまいます。もちろん原因は食べ過ぎなどによるカロリーオーバーもありますが、大きな原因となっているのは運動不足です。

脂肪太りを解消するためには、ちょっとした運動をコツコツ、長期間にわたって続けることが大事なのです。その方法は、激しいランニングやストレッチなどである必要はありません。

毎日欠かさず30分のウォーキングでもいいのでコツコツと運動を続けましょう。

むくみをためない脚マッサージ

メリハリのある脚をつくるためには、むくみをためこむのもNGです。むくみとは、血液の循環が悪くなり、余計な水分が溜まることにより起きています。

原因は、長時間の立ち仕事や運動不足、塩分の摂りすぎ、肝臓や腎臓の病気など様々なものがあります。女性の場合、多くは筋力不足が原因であり、脚のマッサージを行うことでケアすることができます。

以下のように複数の箇所をマッサージしましょう。

  • ふくらはぎのリンパを流す
  • 詰まりやすいリンパのある足首
  • 疲れが溜まりやすい足裏
  • リンパ節のある膝裏

これらの場所を下から上へ心臓に向けてマッサージしていくと効果的ですよ。

程よい筋肉をつける筋トレ

筋肉のついた脚というと、筋肉をつけすぎた太ももや、格闘家のような屈強なふくらはぎをイメージする方もいるかもしれません。しかし、女性の場合、簡単にそこまで筋肉はつかないのが普通です。

先にも紹介したゴボウのようなただ細いだけの脚もガッカリされます。

大事なのは、適度に筋肉をつけたメリハリのある美脚です。メリハリのあるふくらはぎや太ももの美しいカーブこそ理想的な美しい脚といえます。

程よく筋肉をつける筋トレとしては以下の2つがオススメです。

プランク

  1. 腕立てふせの姿勢から、肩の下に肘がくる状態で床につきます。
  2. この状態で、頭からお尻までを一直線にして姿勢をキープします。
    お腹をひきしめた状態で姿勢を保持することがコツです。

ツイストクランチ

  1. 仰向けで横になり、膝を90℃に手前に曲げて、持ち上げます。
  2. 右肘ならば左膝、左肘ならば右膝に当たるように体を曲げます。
    この動作を繰り返しながら自分のペースで行います。コツとしては反動をつけず上半身をひねりながら持ち上げます。

生活習慣の改善

筋トレやコツコツ運動をしていくことも大事なことではありますが、生活習慣全般の改善も欠かせません。結局、コツコツ運動を積み重ねるためにも、1日のリズムを整えていくことが大事です。

生活習慣の中でも大事なのは睡眠と食事です。食事は当然のことながら、脂肪太りにならないようにバランスよく食べて、カロリーは抑える必要があります。塩分を控えたり、マッサージなどによるむくみ予防も大切です。そして筋肉をつけるためには、ほどよいタンパク質の摂取も欠かせません。

次に睡眠ですが、睡眠はしっかりと取らないとホルモンのバランスが崩れたり、食欲が逆にでてしまったりもします。せっかく筋トレなどをしていても食欲が増して食べ過ぎてしまったら逆効果です。早めに寝るようにすれば、朝も起きられるようになり1日のリズムもよくなります。

メリハリのある美脚を手に入れるためには、ぜひ今までの生活習慣を見直してみてください。そして、少しでも脚のためになることがあったらチャレンジしていきましょう。

美脚から健康は生まれる

いかがでしたでしょうか?男性にガッカリされないためのメリハリのある脚を維持していくのは大変なことかもしれません。しかし、脚のために良いことは、からだ全体の健康維持にもつながります。ぜひ、魅力的な脚を手に入れられるようにチャレンジしてみてくださいね。

絶対痩せる脚やせはコレ!難しい脚やせを効率よく行う方法

2018.03.20

太股(太もも)痩せしたいなら太ももの裏側に注目!効率よく痩せる方法3選

2018.02.01

毎日の簡単なエクササイズを続けて理想の美脚を手に入れよう!

2018.01.14

ABOUTこの記事の監修者

上野 由理

美脚マエストラ

美脚専門サロン「サロン・ド・コンソラーレ」代表
《経歴》
フジテレビ系列「ノンストップ」内「いいものセレクション」で自身のプロデュース商品「ピアノウォーク」を紹介
日本テレビ系列「ズームインサタデー」で「膝上のお肉をとるマッサージ法」を紹介 他 多数出演
美容の世界に20歳から入り、22年ほど女性の美と向き合っていきました。
業界3位のエステサロンで、美顔、脱毛、痩身の3つのコースをさせていただき、下半身やせの需要が多いことを現場で気付く。ミス・ユニバースのファイナリストを美容責任者として担当。
恵比寿の総本店と青山、赤坂、自由が丘の4店舗の責任者を務め、個人の売上は全国100店舗中1位をキープし、結婚を機に退社・出産。出産後20キロ太り美脚になる歩き方を考案現在に至る。
美脚マエストラとして、講演会・美脚ジャーナリスト・コラム執筆・商品開発・美脚コンテンツの監修など幅広く活動。
朝日新聞デジタル運営協力「マイベストプロ」神奈川版 上野由理プロ
AFA公認ウォーキングアナリスト
AFA青山フットアカデミー認定・自然療法フットケア入門講習会認定校・認定講師
《専門分野》
足・靴・歩行での脚痩せ。
《メッセージ》
足・靴・歩行から魅せる脚へ。 理想的なあなたの美脚作りをお手伝いします。
これまで5万人以上の女性に、「触りたくなるほど綺麗になる脚」を手に入れる歩き方、「ピアノウォーク」を伝えてきました。
きれいなラインの脚、「わたしには縁がないわ」と思っている女性はいませんか。
諦めることはありません。
誰でもその人が持つ、最高に美しい脚線美を手に入れることができます。