ヘアケア商品の全てのジャンル徹底解説【これでもう悩まない】

LIL 編集部

世の中にはヘアケア様々なヘアケア商品が存在していますが、その商品の効果ってご存知でしたか?その商品の効果を最大限活かすためにはきちんと効果を知って使用しましょう。今回は様々なヘアケア商品を色々な角度からご紹介します。これを読んだあとヘアケア商品で悩むことがなくなります。

ヘアケア商品の種類

ヘアケア商品とは、シャンプー、リンス・コンディショナー、トリートメントなどがありますが、それぞれの違いをはっきりと理解していますか?

ここではヘアケア商品の効果などを紹介する前にまずはその種類について分類していきます。

シャンプー

シャンプーとは、一般的には頭皮の汚れや余分な皮脂を洗い流してくれるものです。頭皮の汚れは過剰になれば毛穴づまりを起こし、ヘアサイクルに乱れが生じて薄毛や抜け毛の原因となるのでしっかりとシャンプーで洗い流すことが必要です。

現在は、ノンシリコンシャンプー、無添加シャンプー、スカルプシャンプーなどいろいろなものが発売されています。

リンス・コンディショナー

リンスとコンディショナーは、髪の表面においてキューティクルを保護する役割をもっています。その面ではリンスもコンディショナーも役割は同じです。

シャンプーによって汚れを落とされた髪の表面を保護し、外敵から守ってくれます。それにより指通りよく、艶もでてきます。

トリートメント

トリートメントは、コルテックスと呼ばれる髪の毛の内側に栄養成分をとどけていく役割があります。スキンケアでいうところの美容液の役割を担っています。

洗い流さないトリートメント

通常のトリートメントは洗い流しますが、洗い流さなないトリートメントは文字どおり洗い流さないので、その分有効成分が長い時間髪の内部に浸透して、毛髪補修作用を働かせてくれます。

その結果、髪の毛のハリやコシが回復すると言われています。ベース素材が植物油であるものは、ヘアオイルにも分類されますが、働きとしてはダメージ補修などの効果はありません。

ヘアケア家電

ヘアケア家電は、ドライヤーやヘアトリートメントアイロンなどをいい、髪の毛を補修してくれたり、頭皮の血行促進してくれたりする家電などがあります。

その他にも、頭皮マッサージャーやシャワーヘッドなどで血行促進、保湿効果を上げていくこともできます。

ヘアケア商品のジャンル

ヘアケア商品については、大きく分けて、オーガニック系、ノンシリコン系、スカルプ系に分かれています。それでは1つずつ見ていきましょう。

オーガニック系

オーガニック系のヘアケア商品は、オーガニックな植物成分を原料として作られたシャンプーやトリートメントになります。

一般的にオーガニック系のヘアケア商品は、自然由来の成分を使用していることもあり、お肌への刺激が少ないと言われており、代表的な成分が以下になります。

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸Na

これらの成分はアミノ酸系の洗浄成分で、低刺激かつ洗浄力もあるため、よくオーガニックシャンプーに使用されています。その一方で、オーガニックシャンプーは製造に時間もコストもかかるので、値段が高くなります。

一般的にオーガニックと聞くと体にいいと思う人が多いと思いますが、実際には農薬や化学肥料に頼らず、栽培している、作られているという意味であり、その判断は時期尚早です。

食品の場合には、農林水産省によって有機JASマークがつけられていますが、化粧品においてはそれらのマークがつかないため、オーガニックであるかどうかの判断には成分表示などをしっかりとチェックする必要があります。

ノンシリコン系

ノンシリコン系の化粧品は読んで字のごとく髪をコーティングして保護する役割をしてくれる「シリコン」を含んでいない商品ということになります。

最初ノンシリコン系の化粧品が発売された時期は、シリコンが毛穴につまったり、頭皮や髪に蓄積すると髪の毛のトラブルに発展すると言われていましたが、最近の研究では影響がないと言われています。

むしろ、デメリットもあると言われているのでメリットとデメリットをあげますので、みなさんの髪の毛の状況に応じて判断していきましょう。

<ノンシリコンのメリット>

  • パーマやカラーリングの薬剤が浸透しやすい
  • 自然な洗い上がりでスッキリする
  • 汚れが落ちやすい

<ノンシリコンのデメリット>

  • 摩擦によって髪がきしむようになる
  • 髪の傷みがひどい場合、逆に髪に負担をかけてしまう
  • 切れ毛、枝毛を起こしやすくなる

スカルプ系

「スカルプ」とは、頭皮という意味で、スカルプ系シャンプーは頭皮のことを考え抜いて作られたシャンプーです。今多くなってきているアミノ酸系のシャンプーはこれに当たります。

通常のシャンプーは髪の毛を美しくするために、艶やかにするために用いることに重点を置いていますが、このスカルプ系シャンプーは頭皮の皮脂を落としすぎず、適度な状態に頭皮を保つことで理想的な頭皮環境を作ることで、育毛や発毛を目指していくものです。

頭皮の皮脂は良くないものと認識されることがありますが、通常のシャンプーなどで落としすぎるのも良くないのです。皮脂により、皮膚をコーティングしたり、弱酸性に保つことで雑菌の繁殖をしてくれるのです。

みなさんの頭皮環境に応じて使い分けましょう。

ヘアケア商品の疑問

皆さんはヘアケア商品に疑問を感じていますか?オーガニックって本当に体にいいのか?シリコンは髪にいいのか?ここでは、よくあるヘアケア商品の疑問についてお答えします。

オーガニックのヘアケア商品とは

オーガニックの商品の特徴は、有機栽培した植物成分を原料としたもので、手間暇かけて頭皮に優しい洗浄成分を使用しているため、頭皮環境を健康的に保て、頭皮への刺激が少ないため、育毛のための健やかな頭皮環境を保つ頼もしい味方にもなります。

弱点としては、値段が高いことと、オーガニックだからといってかならずしもトラブルが起きないとは限らないこと。また、商品ごとに使用期限や保存方法の指定がある場合があるので、購入の際には成分表示をしっかり確認し、しっかりと管理・保存しましょう

シリコンって髪に悪いの?

シリコンは「体に悪い」、「毛穴につまる」という噂が数年前からありましたが、どうやら頭皮や髪に有害だという根拠はないようです。

むしろ今では、髪の毛を保護してくれているメリットもなどもあり、ノンシリコンにした方が「髪がきしんだ」、「切れ毛、枝毛が増えた」などのデメリットが生じている人も多いようです。むしろシリコンありを選んだ方が、髪の毛のトラブルが減ることもあります。

リンスとコンディショナーの違い

基本的にはどちらも、髪の表面をシリコンや油によって包み込み艶やかにしてくれる目的をもっています。どちらも成分はあまり変わりありませんが、コンディショナーの方がすすぎやすさを重視せず、髪の潤いを保つ目的を重視した保湿成分がプラスされているものが多いようです。

髪の毛を修復することはできない?

傷んだ髪の毛は、根本的には修復することはできません。髪の毛を切って、生えてくる、伸びてくるのを待つしかありません。

しかし、今よりも痛まなくさせることはヘアケア商品でできるので、早い段階で改善する必要があるのです。修復という言葉で商品を宣伝している場合も、イメージとしてはダメージを改善していくことと認識しましょう。

ヘアカラートリートメントとは

ヘアカラートリートメントとは、ヘアマニキュアのことになります。その他にも以下のような呼び方で呼ばれていますが、基本的には一緒です。一時的な染毛料ではないので、しっかりと乾かせば色移りをすることもあまりありません。

  • トリートメントヘアカラー
  • カラートリートメント
  • ヘアカラーリンス
  • カラーリンス
  • ヘアカラーシャンプー
  • カラーシャンプー

市販とサロン専用のシャンプーの違い

多くの人が市販のシャンプーを使っているとは思いますが、少し美意識の高い人の中にはサロン専用のシャンプーを使っている人もいます。

果たして、サロン専用のシャンプーの効果は、市販と違うのでしょうか?

市販のシャンプーの特徴

市販のシャンプーは、値段がサロン専用に比べるとお手頃な価格になることが、大きなメリットですが、性質面でメリットがあります。

泡立ちが良くクリーミーな泡ができて、指通りがとても良く使いやすいというメッリトがあります。その他にも、香りがしっかりとして、容器のデザインも色々なバリエーションがあります。

市販シャンプーは誰でも使えるように、このように使い心地の良さを追求したシャンプーになります。

一方で、市販シャンプーのデメリットは、カラーやパーマがかかりにくくなる、ヘアカラーが落ちやすくなるなどだけでなく、洗浄力が強いものが多く、髪が傷む可能性が高いなどがあげられます。

サロン専用のシャンプーの特徴

サロン専用のシャンプーには、以下のようなメリットがあります。

  • 髪のダメージを進行させない
  • 髪や肌に良い成分が配合
  • 髪や肌にやさしい適度な泡立ち
  • カラーやパーマの持ちを良くしてくれる

これらだけでなく、さらに開発が進んでいるものだと、次の来院でカラーやパーマを邪魔せずに施術がしやすくなったりもします。

デメリットとしては、市販のものより高く、泡立ちがしにくい物が市販品と比べると多いということです。

それぞれの使い方

まず、大事なポイントは洗浄成分が違うことになります。市販のシャンプーは販売価格を軽減するために、使用している洗浄成分を安い「界面活性剤」が使用されています。

この中でも、「ラウリル」と「硫酸」という言葉が入っている成分は、洗浄成分が強すぎるので頭皮や髪にダメージを与えてしまう可能性があります。

つまり、頭皮へのダメージが気になる場合には、サロン専用のシャンプーを使うことをオススメします。

サロン専用のシャンプーならば洗浄成分は髪にも頭皮にも優しい成分になっています。

市販のシャンプーにもサロン専用のシャンプーにもノンシリコンシャンプーがありますが、シリコンかノンシリコンかはそれほど気にする必要はありません。

今は、シリコンが頭皮に悪影響だということは問題視されていません。むしろ、サロン専用のシャンプーにはシリコンの含まれているものが多いと言われています。

しかし、水溶性のものもしっかりと洗い流す事で髪に蓄積することなく、安全に使用できますので、洗い方や手入れをしっかりとしていきましょう。

また、サロン専用のシャンプーは、カラーやパーマを知り尽くしたトップの技術者が、よりカラーやパーマを活かすために考えたものなので、ヘアデザインや髪本来の美しさを強調したいのであれば、サロン専用のシャンプーがオススメです。

自分の目標とするヘアデザインや予算などを考えて、シャンプーを選ぶようにしましょう。

ネットで買えるおすすめのヘアケアブランドベスト5

ここまでヘアケア商品の効果などについて紹介してきましたが、最後におすすめのヘアケアブランドを5つ紹介していきます。

No1. コタ アイケア


コタ アイケアのシャンプーやトリートメントのポイントは、以下になります。

  • 髪の太さや毛量によるおさまりの悪さ
  • 髪のクセによるスタイリングのしにくさ
  • 髪の痛み

これらの髪の悩みを解消し、希望の仕上がり感を実現してくれるヘアケア商品です。ハーブの香りにより、心をリラクゼーションヘと導き、髪と心にやすらぎを与え、ユーザーのもっている髪本来の美しさを引き出してくれます。
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

No2. ボタニスト


ボタニストは、こだわりぬいた植物由来成分とクリーンな水で構成された、人だけでなく環境にもやさしいシャンプーなどを展開しています。

弱酸性のせっけん成分やアミノ酸系活性剤、両性活性剤をバランスよく配合することで、頭皮と髪に必要な潤いを提供してくれます。
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

No3. ミルボン


ミルボンは、髪の毛をナノレベルで解析し、発見した髪の毛のダメージ現象「棒状空洞化」に注目しました。 毛髪補修成分「SSVRシルク」配合により、毛髪内密度を高めて、棒状空洞化を補修してくれます。

最新鋭の技術によって施されるサロントリートメントなどのいろいろな商品で一歩先のヘアケア感を提供してくれます。
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

No4. モロッカンオイル


モロッカンオイルには、以下のような独特の成分を配合することで、幅広い髪質のユーザーに髪のベースをつくる化粧品として、シャンプーやトリートメントを提供しています。

保湿成分・・・髪を美しく整えるアルガンオイル、オメガ3オイル

補修成分・・・プロテイン

美容成分・・・ビタミン類
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

No5. 大島椿


大島椿は、椿油と3つの椿由来成分(ツバキセラミド・ツバキ花エキス・ツバキ葉エキス)配合の傷んだ髪用のヘアケア商品を提供しています。

大島椿のシャンプーは、ふっくらとしたきめ細やかな泡で、頭皮も髪もやさしく洗い上げてくれます。

一方で、コンディショナーは必要な水分をキープしつつ、髪をなめらかに一本一本整え、艶のあるしなやかな髪にしてくれます。
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

ヘアケアに対しての知識を改めましょう

ヘアケア商品については、時代の流れとともに噂や評判がどんどん更新されていきます。

ここで紹介したように、ノンシリコンやオーガニック商品について間違った知識をもっていた人もいるかと思いますので、ぜひとも知識をあらためて、自分の髪の目的にあったシャンプーやトリートメントを選んでいきましょう。

ABOUTこの記事の監修

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。