急な肌荒れの原因は不規則な生活習慣?原因別の治し方を知ろう

驚いている女性

いつもどおりのスキンケアをしているのに、急に肌荒れが起こったり、ニキビや吹き出物が出たりすると、いったい何が起こったんだろうとビックリしますよね。でも、実はこの原因は、さほど特殊なことではないんです。だからこそ、日常の食事や生活をちょっと改善することでよくなることもあります。気になる肌荒れ、いち早く原因をつきとめて、すぐに肌荒れを治していきましょう。

急な肌荒れの原因

鏡を見ている女性

突然起こるニキビや吹き出物。そんな急な肌荒れの原因は、日常生活の中でなかなか気づかない花粉皮膚炎や化粧かぶれ、ストレスや季節の変わり目などが考えられます。アナタの肌荒れの原因がどこにあるのか、さっそく見てみましょう。

花粉皮膚炎

春先に悩まされる花粉症。くしゃみや鼻水、目のかゆみなどが止まらず、つらい思いをされる方はたくさんいらっしゃるかと思います。この花粉症、実は肌荒れの症状としても現れることがあるんです。たとえば、目の周り、あご、首など、露出の多いパーツに、肌の乾燥、かゆみ、赤味などの症状です。これは、肌のバリア機能が低下することで、花粉が皮膚に浸入するのを防ぐことができなくなることで起こります。

化粧品かぶれ

長年使っている化粧品であっても、かぶれが起こることもあることは、あまり知られていません。これは、表皮の上層に存在しているランゲルハンス細胞が、異物の侵入を察知すると、アレルギー症状が現れるからです。この反応は、いつ出てもおかしくない反応なので、これまでずっと使ってきた化粧品であっても、ランゲルハンス細胞が異物だと認識したら、症状が現れてしまいます。

ストレス

さまざまなストレスがたまると、体内のめぐりが悪くなり、活性酸素が発生しやすくなります。食事から摂っている栄養分もすみずみまで行き渡らなくなり、肌状態が悪くなります。こうなると、肌の免疫機能もうまく働かなくなり、肌荒れやニキビなどが起こりやすくなります。

季節の変わり目

普段はめったに肌荒れなどを起こさないのに、季節の変わり目になると肌の調子が悪くなる方はけっこういらっしゃるかと思います。肌が乾燥したり、赤くなったり、吹き出物ができるようになったりと、症状はいろいろあります。春の花粉症、夏の紫外線、秋から冬にかけての乾燥と、肌トラブルを起こしやすいときは肌の状態をしっかりと観察し、肌荒れが起こらないように対策を練ることが大事。

急な肌荒れの治し方

笑っている女性

以上のような原因で起こってしまう急な肌荒れ。どのようにしたら改善されるのでしょうか。おもな治し方についてご紹介します。

花粉皮膚炎

さくら

花粉皮膚炎とは、花粉が飛びやすい春先に花粉によって起こる症状です。春先に肌の乾燥やかゆみなどの症状が現れたら、まずは皮膚科などの専門機関でアレルギー検査を受けることをおすすめします。症状によって、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、ステロイド薬など治療薬も異なります。自己判断せずに専門家に相談しましょう。

花粉皮膚炎を予防するためには、帽子、サングラス、衣服などで花粉による症状をシャットアウトします。肌着などには木綿の衣類を身につけ、アウターには静電気が起こりにくいポリエステルなどの科学繊維製の衣類を身につけるようにするのも手です。

化粧品かぶれ

メイクが濃い人

急に肌荒れの症状が現れ、化粧品かぶれが原因だとわかったら、すぐにその化粧品の使用を中止します。そして、皮膚科などの専門家に適切な治療を受けることが先決です。自己判断で薬を使ったり、放っておいたりすると、症状が悪化することもあります。このとき、アレルゲンの特定ができたら、以降、その成分が含まれているメイクアイテムを使わないようにするなどの対策が必要です。

なお、一般的に肌トラブルを起こしやすい成分には、香料、着色料、界面活性剤、乳化剤などがあります。新しいメイクアイテムを購入したら、肌状態のよいときにつけてみるか、こういった成分が含まれない敏感肌用、低刺激の製品を選ぶようにしましょう。

ストレス

ストレスで頭が痛い女性

ストレスによる肌荒れは、忙しくて睡眠不足が続く大人に起こりやすいもので、思春期の肌荒れとは違います。自律神経が乱れることで、肌のターンオーバーが正常に働かなくなり、肌のバリア機能が低下し、肌荒れが起こりやすくなります。このため、生活習慣を正していくことが大事です。

そうは言っても、仕事の都合などで夜遅くまで働いてらっしゃる方もいらっしゃいますし、仕事のストレスを回避するのはとても難しいもの。ストレスから解放される方法を身につけると同時に、肌質に合ったスキンケアを取り入れ、肌の栄養となるたんぱく質、ビタミンやミネラルなどを積極的に摂り入れるようにしましょう。

季節の変わり目

四季

季節の変わり目にスキンケアの見直しをすることで、肌トラブルを回避することができます。花粉が舞いはじめる早春のころ、暑さが急にひどくなり、紫外線が気になり出す夏、乾燥がはじまる秋、寒さが増す冬になったら、それまでのケアアイテムをチェックし、肌の状態を確かめるようにしましょう。

一般的には、春先は花粉が多く舞う季節であるため、敏感肌用の製品の使用を検討したり、夏になると紫外線対策に加えて、屋外の湿気と室内の乾燥で、肌がトラブルを起こしがちになります。春先に使っていたアイテムでは合わないと感じることもあります。秋や冬の季節の変わり目は、寒さと乾燥がトラブルの原因。保湿中心のスキンケアにスイッチしていくようにします。

急な肌荒れを招く良くない習慣に注意

きれいな女性

急に起こる肌荒れを招く可能性のある生活習慣とはどんなことが考えられるのでしょうか。いくつかご紹介したいと思います。

深夜のネットサーフィン・不規則な生活習慣

寝る前や布団に入ってからもちょっとやりたくなるネットサーフィン。気づいたらかなり遅くまで見ていたなんていうこと、よくありませんか? ネットサーフィン自体、悪いことではありませんが、明け方までついやってしまうのは、生活習慣が不規則になる原因となります。

また、スマホなどの使いすぎは頭痛や吐き気、眼精疲労、肩こりや首のこりなどを引き起こします。視力が落ちていくことも考えられますので、使用を控えるのも大事。また、日頃から姿勢には気を付けてください。その生活主観を続けていくと、スマホ症候群と呼ばれる症状が現れるほか、スマホへの依存症などが起こってしまいます。

シャワーだけのバスタイム

両手をバツの合図をしている女性

忙しい毎日を過ごしてらっしゃる方は、ゆっくりとお風呂に入る時間がなかなか取れません。しかし、シャワーだけのバスタイムは、身体がゆっくりと温まらないため、血液のめぐりを滞らせる可能性があります。シャワーしかないバスルームのアパートやマンションもたくさんありますが、できれば定期的に湯船に浸かって身体を温めたいです。足湯でも同じような効果が期待できるため、湯船がない方は足湯をおすすめします。

最近では、足湯用のグッズがいろいろと販売されていますが、基本的には足が入るぐらいの耐熱用の桶があれば十分。室内で行う場合はタオルなどを用意して、42~45度ぐらいの湯で温めます。20~30分程度からはじめ、毎日続けることで身体のめぐりがよくなってきます。

野菜を食べない

食生活

野菜を食べない生活を送っていると肌が荒れてしまいます。これは、腸内環境をよくする食物繊維が圧倒的に不足し、肌への栄養素であるビタミンやミネラルを摂取できなくなるからです。もちろん、野菜以外の製品にもこうした成分は含まれていますが、野菜を食べないということ自体が偏った食生活となっています。反対に、野菜ばかり食べて、ほかの栄養を摂らないのもNG。バランスのよい食生活が身体の健康で在り、美顔のベースを作る土台であるという基本に立ち戻ることが大事です。

なお、野菜ジュースが市販されています。野菜の栄養を補う上ではいいかもしれませんが、糖質が含まれていることが気になります。基本的には野菜で栄養素を摂り入れるようにして、野菜ジュースは栄養の補助として摂り入れるようにすることをおすすめします。

規則正しい生活で肌荒れしない

背伸びをしている女性

突然起こる肌荒れ。常にスキンヘアを意識しているのに…と考えてらっしゃる方は、生活習慣を見直すことの大切さがわかっていただけたのではないかと思います。意外と気づきにくい日々の悪習慣に気づいたら、すぐに改善して真の美肌を手に入れたいですよね。急な肌荒れは、アナタへの気づかせだったのかもしれません。これはいいチャンスだったと前向きに考えて、規則正しい生活を送るようにしましょう。

ABOUTこの記事の監修者

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。