セラミック治療を歯医者さんで行う料金相場が知りたい!

最近、歯を白くするのにホワイトニングだけでなく、セラミックを使用するケースが増えていきています。

ただ、セラミック治療は保険が適用されないため、原則として全額自己負担となります。今回は、セラミック治療の種類や、治療費の相場などを紹介していきたいと思います。

 

セラミック治療の種類と値段相場

 

それでは最初に、歯医者さんでおこなうセラミック治療にはどのような種類があるのか、また、どれくらいの料金がかかるのか、大体の目安について紹介したいと思います。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

セラミック治療の1つとして、オールセラミッククラウンと呼ばれる治療法があげられます。オールセラミッククラウンは読んで字のごとく、すべてがセラミックによってつくられたクラウンと呼ばれる差し歯や被せ物を対象の歯に対して施す治療法のことを言います。

かつては、いわゆる「金歯」や「銀歯」などといわれる金属のクラウンをかぶせるのが主流でしたが、金属アレルギーの問題や見た目の問題から、最近では使われなくなってきているというのが現状です。

また、金属のクラウンを用いた場合、時間の経過とともに金属の成分が溶け出してきて、歯の根元を黒っぽく変色させてしまいます。この黒ずみはいくら歯を磨いても元に戻ることがありません。

セラミックは陶器などの焼き物に使われる白い素材のことで、身体との親和性が高く、アレルギーを起こしたり、歯の根元が黒ずんだりすることがありません。

オールセラミッククラウンの治療においては、元の歯にもっとも近い外観を実現することが可能となっています。特に前歯の場合、透き通った感じや光沢などが美容面でも優れた治療法と言えます。

ただし、歯科治療の現場において、オールセラミッククラウンは前歯にのみ適用されることがほとんどです。なぜなら、奥歯のクラウンとしては強度が不足している懸念があるからです。

奥歯にセラミック治療を施す場合には、ジルコニアと呼ばれる人工のダイアモンドを用いるジルコニアセラミックと呼ばれる治療法を採用するケースが多いようです。

ちなみに、審美目的と言って、歯を美しく見せるための治療に関しては保険の適用がされないため、原則として全額自己負担となります。

そのため、歯科医院やクリニックによってオールセラミッククラウンの施術料金はさまざまなのですが、だいたい1本当たり75,000円から100,000円といったところが相場であるようです。

これに関しては、以下の治療法についても同様のことが言えるのですが、首都圏など患者さんの数が多い場所では価格競争が起こるため、セラミック治療についても安い場所があります。

地方都市など患者さんの数が都市部よりも少なく、治療院の数自体も少ない場合、セラミック治療の費用が比較的高くなる傾向があるようです。

オールセラミックインレー

オールセラミックインレーは、ひとことで言うなら、すべてがセラミック素材によって作られた歯の詰め物(インレー)のことを指します。

オールセラミッククラウンのところでもお話ししたように、従来のように金属でできた詰め物をしていると、アレルギーを起こしたり、歯の縁から変色したり、また歯と詰め物の隙間から虫歯になりやすかったりという問題点がありました。

また、一般的な虫歯の治療において、保険治療の範囲内でセラミックを用いることもあるのですが、保険で使用できるセラミックの場合、劣化しやすいという欠点があるのです。

ところが、自由診療でおこなうオールセラミックインレーの場合、保険で使うセラミックとは異なり、隙間から虫歯になりにくく、また、仕上がりも自分の歯との境界が分からないほど美しく仕上がるのです。

セラミックインレーは主に奥歯に対して施すことが多いのですが、料金はだいたい1つの歯に対して48,000円から88,000円程度かかるようです。

ラミネートベニア

ラミネートべニア

ラミネートベニアは、一般的に前歯に対しておこなわれることの多いセラミック治療です。施術対象となる歯の表面を薄く削り、そこにセラミックでできたべニア(板)のようなものを張り付けるという施術となっています。

ラミネートベニアの治療をおこなう際にはまず、歯のもっとも外側の層であるエナメル層を0.5mmから0.7mmほど削ってはがします。

そして、削ったあとの歯の型をとり、その型に合わせたラミネートベニアを作成します。ラミネートベニアを装着するまでは、仮の歯を削ったあとの歯に装着しておきます。

ラミネートベニアができあがったら、強力な接着剤を用いて削った歯に装着していくこととなります。また、特殊な光線を照射することによってしっかりと固定します。

そのうえで、歯の表面をしっかりと磨いて美しいツヤや光沢を出し、咬み合わせを調整し、周囲の歯とのバランスを整えて治療は終了となります。

ラミネートベニアの価格も治療院によってさまざまですが、大手の美容外科では、1本当たり75,000円程度で治療をおこなっているということです。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、セラミックに似た性質のあるハイブリッドセラミック(セラミック+レジン)を用いて、歯の欠けた部分を埋めたり、空きっ歯の間を埋めたり、変色した部分を白くしたりする施術法のことを言います。

通常はダイレクトレジンと言って、プラスチックでできたレジン(詰め物)を虫歯の治療跡に埋めるのが一般的なのですが、審美目的でおこなう場合にはダイレクトボンディングという手法がとられます。

なぜかというと、プラスチックでできたレジンと比較した場合、ハイブリッドセラミックの方がより光沢感や透明感があるため、仕上がりが美しくなるからです。

また、一般的なレジンは年月の経過とともに変色してしまうものですが、ハイブリッドセラミックの場合は変色も少ないという利点があります。

ダイレクトボンディングをおこなう際には、歯の型をとったりする必要はありません。ダイレクトの名前通り、歯に直接ハイブリッドセラミックを盛りつけていくこととなります。

セラミック治療の種類によっては、歯を削ったり型をとったりする必要があり、健康な歯まで削らなければいけないケースがありますが、ダイレクトボンディングの場合はそのようなことがありません。

そのため、何日も歯科医院やクリニックに通う必要がなく、治療回数を少なくできるという利点もあります。

ただし、ダイレクトボンディングができないケースもあります。例えば、治したいと思っている歯にそもそも被せ物をしている場合は、ダイレクトボンディングの適用範囲外となります。

また、虫歯や歯周病がある場合には、そちらを優先的に治療することとなります。虫歯がひどく神経にまで損傷が及んでいるような場合も、ダイレクトボンディングを受けることは出来ません。

ダイレクトボンディングも審美目的でおこなわれる治療法であるため、保険が適用されません。そのため、費用は全額自己負担となります。

一般的には1本あたり10,000円から50,000円が相場となっており、都市部の歯科医院やクリニックと地方とでは都市部の方が、価格競争が起こっているため、比較的安価で治療を受けられるようです。

セラミック以外にかかる料金

歯の治療を受ける女性と歯の治療をする女性歯科医師

ここまでセラミック治療の代表的なものを紹介してきましたが、セラミック治療には実費以外にも以下のような費用のかかる場合があります。

診察料

セラミック治療を受ける場合には、実費のほかに診察料が必要となるケースもあります。というのも、セラミック治療をおこなう際には、歯の状態を確認する必要があるからです。

特に、虫歯や歯周病が見受けられるような場合、そちらの治療を終えてからセラミック治療を順次おこなっていくことなります。

ただし、始めから審美目的の治療のみをおこなっている病院やクリニックである場合、自由診療となるため、診察料を別途必要としないケースもあります。

虫歯があった場合は治療費

基本的にセラミック治療は審美目的でおこなうものですが、虫歯や歯周病がある場合には、そちらを優先的に治療してから、セラミック治療に入ることとなります。

その場合あたりまえといえばあたりまえですが、虫歯や歯周病に対する治療費が発生することとなります。

セラミックをいれる時の注意点

厳しい顔で指をさす女性看護師

セラミック治療には後述するようなさまざまなメリットがありますが、治療を受ける前にいったん考えるべきことがあります。また、セラミック治療をおこなった後にも注意点があります。

ホワイトニングしたほうがキレイ?

歯を白くするという目的である場合、ホワイトニングという手段もあります。審美歯科によってはホワイトニングをまず奨める所もありますし、セラミック治療を奨める所もあります。

ここで1つ考えるべきことがあります。それは、ホワイトニングをおこなった後にセラミック治療をおこなうことは可能ですが、セラミック治療をおこなった後にホワイトニングをすることは不可能だということです。

セラミック治療をおこなう場合、多かれ少なかれ歯を削ることとなるのですが、歯を削ることは歯の寿命を縮めることに他なりません。

歯を美しくしたいからとセラミック治療をおこなって、歯の寿命が短くなったのでは本末転倒と言えるのではないでしょうか。

実際に、芸能人の間でもかつてはセラミック治療が主流でしたが、最近ではホワイトニングだけをしている芸能人も増えているということです。

もちろん、歯の隙間を埋めたり欠けた所を修復したり、空きっ歯の治療をしたりという場合には、セラミック治療の方が優れていると言えます。

純粋に歯を白くしたいという目的である場合は、まずホワイトニングをおこなってみてはいかがでしょうか。セラミック治療よりもはるかに安いですし、歯に与えるダメージも少ないですよ。

メンテナンスをしましょう!

セラミック治療をすればあとは放置して良いというものではありません。実際にセラミック治療をおこなった後、周りの歯との色の違いが気になるようなケースも見られるということです。

そのような場合、周囲の歯のホワイトニングをおこなうことによって、自然な仕上がりにすることが可能となります。

また、セラミック自体は耐久性が長く、歯科医院やクリニックによっては10年保証が付いているようなところもあります。とはいえ、やはり一生もつものではないので、定期的にメンテナンスをおこなうことが重要です。

セラミックのメリット

手鏡で自分の顔を見ながらうっとりするような目で頬に手をあてている女性

それでは最後に、セラミック治療をおこなうメリットについて紹介しておきたいと思います。治療を受ける際の参考にして頂ければと思います。

①効果が長持ちする

セラミック治療のメリットとしては、効果が長持ちするということがあげられます。セラミックは変色することが少ないため、歯を白くする目的でおこなった場合、ホワイトニングよりも効果が高いということがあげられます。

というのも、ホワイトニングは継続的におこなわなければ色戻りが起こってしまうからです。また、ホワイトニングの場合、銀歯を施している場所などにはおこなうことができないというデメリットがあります。

あと、テトラサイクリン歯などの場合、ホワイトニングだけでは白くするのに限界があるケースもあります。そのようなときに、セラミック治療が効力を発揮するという訳なのです。

②短期間でキレイになる

歯を白くするという目的の場合、ホワイトニングに比べるとセラミック治療の方が、短期間でキレイにすることが可能です。

ホワイトニングにもオフィスホワイトニングといって短期間で効果が出るものがあるのですが、オフィスホワイトニングの場合、色戻りが早いため、何度も治療を受ける必要があります。

また、セラミック治療の場合、ホワイトニングだけでなくちょっとした歯並びの矯正程度ならおこなうことが可能なので、白いだけでなく歯並びも美しくすることが可能となっています。

③アレルギーのリスクが低い

審美目的だけでなく、虫歯の治療をおこなうような際にも、セラミック治療には利点があります。それは、金属を使わないためアレルギーが起こりにくいという点です。

さらに、美的な観点から言っても、金属を用いると歯の付け根や歯ぐきが黒ずんでしまうことがありますが、セラミックの場合にはそのようなことがありません。

④耐久性が高い

セラミック治療の中でも、オールセラミックの場合など、耐久性が高いというメリットがあります。オールセラミックの寿命はおよそ10年程度といわれていますが、きっちりメンテナンスをおこなえば20年程度もつこともあるそうです。

また、セラミックには食べ物のカスや汚れが付着しにくいという性質もあるため、虫歯や歯周病になりにくいというメリットもあります。

セラミックのご相談を

セラミック治療について見てきましたが、いかがだったでしょうか。ホワイトニングでは対処しきれない場合や、歯並びなど見た目を改善したいときに、セラミック治療は強い味方となってくれます。まずは歯科医院やクリニックに相談することから始めてくださいね。

ABOUTこの記事の監修者

柴田はるひ

《経歴》
2011年名古屋デンタル衛生士学院卒業
国家資格歯科衛生士免許証取得
2012年愛知県一般歯科にて一般的な歯科診療やインプラント、矯正、歯周病担当歯科衛生士として2年間勤務
2014年上京し都内のホワイトニング専門審美歯科にてホワイトニングやクリーニング、小顔マッサージやフェイシャルエステなどを経験
2017年12月日本化粧品検定1級合格し2018年2月コスメコンシェルジュ取得
2018年現役歯科衛生士&コスメコンシェルジュとしてライターとしても活動中。
《得意分野》
ホワイトニング、歯のクリーニング、カウンセリング
小顔マッサージ、唇美容、プラセンタ系エステ、歯周病
コスメ全般(基礎化粧品、メイク、ヘアケア、アロマ、香水など)
《メッセージ》
歯科衛生士として長く働いてきて、お客様や患者様の悩みや相談を沢山うかがってきました。お口元を美しくすることは審美面だけではなく、結果的に将来歯を失わずにずっと健康的に過ごせる健康面もサポートすることができます。
さらにコスメコンシェルジュを取得してからは身近なコスメにも詳しくなり周りの女性をさらに輝かせるお手伝いができていると実感しています。
今までは目の前のお客様や患者様の美容と健康をサポートし喜んでいただくことにとてもやりがいを感じていました。ですがこれからは現役歯科衛生士ライターとしてコスメコンシェルジュとして、ネットを通じて情報を提供することで全国の皆様に同じように美容と健康を理解していただくことができる喜びを感じています。
沢山の方が自分の目標とする美容と健康を手に入れて年齢を重ねても自分と自分の人生を愛せるようにお手伝いができたら幸いです。