歯医者さんで白く輝く憧れの歯へ!好かれる口元の身だしなみ

柴田はるひ

最近、芸能人やモデルさんの間でホワイトニングが流行していますが、笑顔からのぞく白い歯は素敵なものですよね。日本でもだんだんとホワイトニングが浸透するようになってきており、一般人にも施術を受けやすくなりました。

アメリカ人にとっては当たり前とも言えるホワイトニングですが、今回は口元の身だしなみの重要性についてお話ししたいと思います。

口元の身だしなみの重要性

「おしゃれの基本は足元から」などと言われることがありますが、アメリカでは口元の身だしなみがとても重要と考えられています。そのため、アメリカでは歯列矯正やホワイトニングが当たり前。

子供の歯並びが悪いのは親の責任と考えられており、子供の歯並びをキレイにするのは親の義務でもあります。また、アメリカでは歯列矯正に医療保険が適用されるなど、日本と比べて進んでいる面もあります。

日本人であっても、口元の身だしなみが重要であることは言うまでもありません。ちょっと見た感じ「格好いいな」「かわいいな」という人でも、笑ったときに歯が黄色かったらがっかりですよね。

80%以上口元を見ています!

男性と女性では少し異なるのかもしれませんが、特に男性が女性の口元を見ているような場合、それは女性の口元に魅力を感じているケースが多いということです。

女優さんでも下くちびるのぽってりした人がいますが、それは女性のセクシーさをアップさせているのです。そのため、ついつい男性の目線が口元へと誘われるという訳なのです。

また、唇を見るということは、相手がどのような心理状態にあるのかを知る術ともなります。「目は口ほどに物をいう」という言葉がありますが、唇を見ることで相手の心理を探ることが可能なのです。

また、男性の場合、女性のどこに目線を置いてよいのか迷うケースがあります。目を見るのは照れ臭いけど、胸元を見る訳にもいかない。そのようなときに、中間地点にある口元を見ることになるのです。

女性であっても、よほど情熱的な場合はともかく、相手の目を見て話をし続けるのはなかなか大変なものです。そこで、目線をなんとなく口元に持っていくケースがよくみられる訳です。

第一印象にも影響が

口元の身だしなみは、第一印象にも大きく影響を与えることとなります。一時期ビジネス界などでブームになった「メラビアンの法則」というのをご存知でしょうか。

1970年代初頭に、アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンという人が提唱した法則で、別名を「7-38-55の法則」とか、「3Vの法則」などと言います。

会社の社長さんなどがよく朝礼のときに用いるネタとして有名なのですが、要するに、人間の第一印象は見た目(Visual)や声のトーン(Vocal)によって、93%が決まるということです。

ことばそのものの意味や話の内容(Verbal)は、第一印象にとって7%しか関与しないと考えられており、第一印象でよいイメージを与えるためには話の内容はどうでもよく、見た目や話し方が重要とされているのです。

ただ、メラビアンの法則は、メラビアンさんの思惑と違った方向に向かっているようです。実際には、話し手があいまいな情報を送ったときには、受け手が表情や声のトーンで判断するといった法則を意味しているのです。

今は大御所の俳優さんでもある人が、かつて「笑いながら怒る人」という芸を披露したことがあります。笑いながら怒られたとき、人は言葉の内容と表情と、どちらを重視するのでしょうか。

答えは言うまでもなく表情です。怒っているときに起こっている顔をしていなければ、起こられている当事者も、真剣に怒られていると感じることはないでしょう。

また、腕によりをかけて料理を作ったときに、おいしくなさそうな顔で「とてもおいしいよ」といわれても、本当においしいと思っているとは感じられないでしょう。これが本来のメラビアンの法則の意味です。

ところが、最近では話の内容よりも話し方のテクニックを重視するとか、見た目がもっとも重要だとかいったことが、メラビアンの法則の本旨であるかのようにとらえられています。

それはともかくとしても、初めてあったときの笑顔や、笑顔からのぞくキレイに並んだ白い歯が、相手によい印象を与えることは間違いのないところです。

どちらの笑顔が素敵ですか?

論より証拠という言葉があります。辞書を引いて見ると、「あれこれ論じるよりも、証拠を示すことで物事は明らかになること」とあります。では、実際に以下の画像を見てください。

左側がホワイトニングをする前の歯、右側がホワイトニングをしたあとの歯となっています。どちらが魅力的でしょう。それこそ、「論をまたない」ということが可能です。

ホワイトニングで歯を白くするべし!

ここまで、口元の身だしなみが重要であることについて説明してきましたが、では、実際にどのようにして歯を白くすればよいのでしょうか。歯を白くする方法はいくつかあるのですが、一般的には、ホワイトニングという手法がとられることとなります。

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、歯科医院で専用の薬剤を使い歯に塗布することで歯を白くすることができます。ホワイトニングの方法やメカニズムなど詳しくお知りになりたい方はぜひこちらもご覧になってみてくださいね。

現役歯科衛生士が教える!知って得するホワイトニングとは?

2017.10.25

歯医者さんや専門サロンで行えるホワイトニング

ホワイトニングは歯科医院でおこなったり、医師の指導のもと、自宅でおこなったりすることが一般的で、オフィスホワイトニングやホームホワイトニング、デュアルホワイトニングといった方法があります。

専門のサロンやエステなどでホワイトニングをおこなうケースもあるのですが、医師や歯科衛生士でない場合、歯を漂泊する効果のある過酸化水素や過酸化尿素を用いることができません。

そのため、ホワイトニング専門のサロンやエステの施術では、実際に歯を白くするというよりは、歯の汚れを取り除く効果しか期待できません。そのため、本稿では歯科医院や歯科医師の指導のもとでおこなわれるホワイトニングについて紹介したいと思います。

ホームホワイトニング

歯科医師の指導のもと、自宅で気軽に取り組めるホワイトニングとして、ホームホワイトニングという方法があげられます。ホームホワイトニングはその名の通り、自宅でおこなうホワイトニングのことを意味します。

最初に歯科医院で、その人に合った専用のマウスピースを作成します。マウスピースができたら、専用の薬剤をマウスピースに塗布し、それを加えることで歯の表面に薬剤を浸透させていきます。

ホームホワイトニングで使われる薬剤には過酸化尿素を用いるのが一般的です。過酸化尿素は、使用する際に過酸化水素に分解され、さらに酸素と水とに分かれます。

歯の表面はエナメル質という透明の物質で覆われていますが、過酸化水素が酸素と水とに分解される過程で、酸素が歯の色素を分解して白くしてくれるのです。

また、酸素と水とに分解されると気に発生した活性酸素によって、歯の表面にあるエナメル質にあたる光が乱反射するようになり、歯の表面が光り輝いて見えるようになるのです。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングに対して職場でおこなうホワイトニング…ではなく、デンタルオフィス=歯科医院でおこなうホワイトニングのことを言います。

歯科医師や歯科衛生士といった、歯のプロフェッショナルによっておこなわれるホワイトニングであることから、数あるホワイトニングの中で、もっとも安全なホワイトニングであるということが可能です。

また、ホームホワイトニングとは異なり、オフィスホワイトニングには1度の施術で明らかに歯が白くなるというメリットもあります。ホームホワイトニングの場合は、効果が実感できるまでに1ヶ月程度かかることもあります。

オススメはデュアルホワイトニング

ホワイトニングをする際に、もっともおススメなのはデュアルホワイトニングと呼ばれる方法です。簡単に言うとホームホワイトニングとオフィスホワイトニングとを並行しておこなうホワイトニング法です。

オフィスホワイトニングのメリットとしては、即効性があるということがあげられますが、一方で持続性が短いというデメリットもあります。また、費用が高額になるということもネックになってきます。

逆に、ホームホワイトニングには即効性がないものの、いったん歯が白くなった場合、効果が長持ちするというメリットがあります。また、費用が比較的抑えられるというのもうれしい点です。デュアルホワイトニングに関しては、以下の記事でも詳しく説明しています。

歯のホワイトニングの【メリットとデメリット】どちらが多い?

2017.10.25

歯の白さについて

ホワイトニングについてはおおよそのことが分かって頂けたことと思います。ところで、「歯の白さ」って、どのようにして判断するのでしょうか。

白さを実感できる色

歯の白さを測定するときには、一般的にシェードガイドと呼ばれる器具が用いられます。シェードガイドとは「歯の色見本」といったところで、ビタ社の販売しているものが有名です。

シェードガイドは、白くて明るい方から順に、「B1、A1、B2、D2、A2、C1、C2、D4、A3、D3、B3、A3.5、B4、C3、A4、C4」となっています。

※写真は色味ごとに分かれています。

日本人の場合、A3からA3.5くらいが標準であるといわれていますが、ホワイトニングをすることによって、ほとんどの人がA1レベルの白い歯になれるということです。

歯が白いと良いこと沢山

それでは、歯が白くなることによってどのようなメリットを得ることができるのでしょう。まずは、笑顔からのぞくキレイな歯によって、相手に与える印象がよくなるというメリットがあります。

また、キレイに並んだ白い歯は、自分にとっての自信にもなります。笑顔が増えれば、性格的にも明るく、積極的になることが可能です。

あと、ホワイトニングをすることによって、口元の身だしなみに対する意識が高くなるという副産物も得られます。それによって、しっかりと歯をケアするようになり、虫歯や歯周病になるリスクを下げることも可能です。

ホワイトニング以外で芸能人のように歯を白くする方法

テレビで見かける芸能人の中には、ビックリするくらい白い歯をしている人もいます。では、どのようにしてあれほどの白い歯を手に入れているのでしょうか。

セラミック

ホワイトニング以外で歯を白くする方法としては、セラミックを用いるのが一般的です。ラミネートベニアと言って、セラミックでできた板状のものを歯の表面に貼りつける方法もあれば、セラミックでできた王冠を被せる方法もあります。

ただし、ホワイトニングとは異なり、健常な歯を削る必要があるため、万人におススメできる方法とは言えません。

歯のマニキュア

ホワイトニング以外で歯を白くする方法としては、歯にマニキュアを施すという方法もあります。自分でおこなうことも可能ですが、キレイさを追求するのであれば、専門のサロンや審美目的の治療をおこなっている歯科医院で施術してもらうとよいでしょう。

自分で歯のマニキュアをするとムラができてしまったり、唇や歯茎にマニキュアが付着してしまったりする可能性があります。一方、専門家に施術してもらうとキレイに仕上がるのですが、費用が高くつくというデメリットもあります。

ホワイトニングでより美しく!

今回は、口元の身だしなみや、歯を白くする方法について紹介してきました。アメリカでは一般的なホワイトニングですが、日本人にとっても大きなメリットのあることが分かって頂けたのではないでしょうか。今回の記事を参考に、口元の身だしなみを整えてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事の監修

柴田はるひ

《経歴》
2011年名古屋デンタル衛生士学院卒業
国家資格歯科衛生士免許証取得
2012年愛知県一般歯科にて一般的な歯科診療やインプラント、矯正、歯周病担当歯科衛生士として2年間勤務
2014年上京し都内のホワイトニング専門審美歯科にてホワイトニングやクリーニング、小顔マッサージやフェイシャルエステなどを経験
2017年12月日本化粧品検定1級合格し2018年2月コスメコンシェルジュ取得
2018年現役歯科衛生士&コスメコンシェルジュとしてライターとしても活動中。
《得意分野》
ホワイトニング、歯のクリーニング、カウンセリング
小顔マッサージ、唇美容、プラセンタ系エステ、歯周病
コスメ全般(基礎化粧品、メイク、ヘアケア、アロマ、香水など)
《メッセージ》
歯科衛生士として長く働いてきて、お客様や患者様の悩みや相談を沢山うかがってきました。お口元を美しくすることは審美面だけではなく、結果的に将来歯を失わずにずっと健康的に過ごせる健康面もサポートすることができます。
さらにコスメコンシェルジュを取得してからは身近なコスメにも詳しくなり周りの女性をさらに輝かせるお手伝いができていると実感しています。
今までは目の前のお客様や患者様の美容と健康をサポートし喜んでいただくことにとてもやりがいを感じていました。ですがこれからは現役歯科衛生士ライターとしてコスメコンシェルジュとして、ネットを通じて情報を提供することで全国の皆様に同じように美容と健康を理解していただくことができる喜びを感じています。
沢山の方が自分の目標とする美容と健康を手に入れて年齢を重ねても自分と自分の人生を愛せるようにお手伝いができたら幸いです。