プロテインが肌荒れを引き起こすの?取りすぎ、不足どちらもダメ!

プロテイン

筋肉のついている美しい肉体を手に入れたいと思って、プロテインを飲みながらの筋トレをはじめたけど、なぜか肌荒れが起きる!?

こんな経験をしたことがありませんか?これは実は珍しいことではないんです。ここではプロテインと肌荒れの原因と改善方法を紹介していきます。

プロテインの成分は肌荒れするのか

プロテイン

プロテインとはタンパク質を意味する言葉であり、一般的には筋トレなどをしている男性多く使用されているイメージですが、本来はタンパク質を体に補給するためのサプリメントです。

そのため、プロテインが足りていない女性などが肌荒れに悩んでいる場合にはタンパク質不足解消に役立ち、美肌効果を期待できますが、過剰に摂取をすると肌荒れに発展してしまう可能性も秘めています。

プロテインの成分

プロテインの成分

プロテインには、以下の5種類のものが存在しています。

  1. ホエイ・・・牛乳から乳脂肪分と固形タンパク質を除いたもの
  2. カゼイン・・・ホエイの固形タンパク質から作ったもの
  3. 卵白・・・卵を割った時にでてくる黄身を守っているもの
  4. 大豆タンパク
  5. 小麦タンパク

これらはさらに次から紹介する動物性プロテインと植物性プロテインに分かれており、それぞれに特徴があり、筋トレに向いているもの、ダイエットに向いているものなどに分かれています。

動物性プロテイン

肉

動物性プロテインとは、肉や魚などの動物から摂取することができるタンパク質のことを呼びます。上記で紹介した中では、ホエイ、カゼイン、卵白が該当します。動物性タンパク質の良いところは、必須アミノ酸を含んでいることです。

必須アミノ酸は自分の力では合成することができないので、必ず外から摂取する必要があります。そのため、動物性タンパク質が不足してしまうと簡単に体調が崩れる場合もありますし、筋トレなどをする場合には確実に摂取しないと筋肉を作っていけません。

また、ストレスなどで免疫力が低下してしまった場合には、体の体力を回復するために積極的に摂取する必要があります。

植物性プロテイン

大豆

植物性プロテインも文字どおり植物に含まれるタンパク質のことを呼び、上記で紹介した中では、大豆タンパク、小麦タンパクが該当します。それぞれ、名前通り大豆と小麦に含まれるタンパク質になります。

植物性タンパク質は、ダイエットに向いています。油脂をほとんど含んでいないこと、低脂肪、低カロリーであることにより、理想的なタンパク質になります。

ただし、気をつけなくてはならないのが、必須アミノ酸のバランスです。植物性プロテインだけでは、必須アミノ酸をすべて補うことができないので、植物性プロテインだけで健康を維持し続けることはできないので、食事によってバランスを整えましょう。

プロテインの成分がもたらすこと

笑っている女性

タンパク質を多く摂取し続けてしまうと、必須アミノ酸とはいえ体のバランスを崩してしまいます。
起きる症状はその度合いに応じて変わってきますが、タンパク質を吸収した後の余りである窒素の排泄によって、内臓が披露してしまったり、単純にタンパク質の取りすぎによるカロリーオーバーなどが考えられます。

さらに、体に吸収されなかったタンパク質が腸内に送られると、悪玉菌のエサになってしまい腸内環境が悪化してしまう可能性があります。腸内環境が悪化すると便秘などを引き起こし、結果的には肌荒れや口臭、体臭などにも影響が出てきてしまいます。

また、体を動かすために必要なだけでなく新陳代謝を活性させ、栄養や酸素の運搬、免疫機能を保ち、あらゆる体の構造、機能の維持を助けてくれるので肌荒れなどを改善してくれます。

プロテインを飲みすぎると栄養を摂りすぎる可能性も

びっくりしている女性

プロテインは確かに体にとって必要な栄養ではありますが、当然摂り過ぎてしまったら、食事を食べ過ぎてしまっていることと同じようなことなので、いろいろな栄養過多な症状が引き起こされる可能性があります。

というのもプロテインは摂れば摂るほど筋肉がつくというわけでもなく、余分に摂取してしまったプロテインはエネルギーとして利用しますが、それでも余ってしまった場合には残念ながら脂肪として蓄積されるか、体外に排出されます。

結果的にみると、肥満、糖尿病、心疾患、骨量減少、ガンなどのリスクが考えられています。

プロテイン以外にも原因があるかも

肌荒れ

プロテインは飲みすぎると確かに栄養過多になったりすることで、肌荒れに繋がる可能性がありますが、それだけが肌荒れに原因ではないかもしれません。

プロテインを飲んでいる人は筋トレなどを行なっているのでそこにも肌荒れの原因が潜んでいるので肌荒れになる要因をしっかりと見極めるようにしましょう。

男性ホルモンが肌荒れする原因

ホルモン

意外と多いのが、男性ホルモンの増加による肌荒れです。通常はなかなか考えられませんが、ストレスなどのいろいろな原因がホルモンバランスを崩して、男性ホルモンが優位になる可能性があります。

就職や学校などの環境の変化、仕事のストレスなどによって簡単にホルモンバランスは崩れます。もともと、男性ホルモンと女性ホルモンには別々の役割があり、男性ホルモンは皮脂分泌が活発になってしまうことで、肌荒れを引き起こします。

女性ホルモンが正常に分泌されているならば、皮脂を抑えて、バリア機能を高めてくれるのですが、バランスを崩しているとそうはいかず肌荒れを止められないのです。その結果、皮脂の分泌によって、お肌の角質が硬くなってしまい、毛穴が塞がれることによって肌荒れだけでなく、ニキビなどもできやすくなります。

こうなったら中々簡単には元には戻せないので日頃から、イソフラボンやビタミンなどのバランス良い食生活をとり、早寝早起き、適度な運動などで生活習慣を改善します。そして、体を冷やさないようにしたり、サプリなどで栄養を補給したりと改善方法を試みましょう。

テストステロンの増加は筋トレが原因?

テストステロン

上記で紹介した男性ホルモンの代表的なものは、テストステロンになります。このテストステロンは男性だと、性格を形成したり、骨格、筋肉の発達、ヒゲなどに影響があります。健康的にも重要で、免疫力や筋力、心筋梗塞、脳梗塞などを抑える働きすらあるホルモンです。

一般的には男性に多いホルモンですが、女性でも男性の10%にも満たない数をもっており、主に陰毛などを作る働きをしています。このテストステロンですが、運動によって増えてしまう傾向にあり、特に筋トレを行うと増加します。

つまり、プロテインを飲んで筋トレをしているのであれば、自ずとテストステロンが増えてしまい、結果的に男性ホルモンによる皮脂の分泌過剰で肌荒れを引き起こしている可能性があるということです。

その他にも、このテストステロンは、睡眠や興奮、食事などから増えてしまう傾向にありますし、飲酒、タバコ、ストレスによっても増えてしまうので、日頃の生活習慣には気をつけましょう。

プロテインと肌荒れ、上手につきあうためには

笑っている女性

プロテインの成分的な問題だけが、肌荒れを引き起こすわけではありません。ここでは、プロテインからの直接的な原因だけじゃなく、筋トレ時の汗やプロテインと食事の関係を紹介していきます。

汗の処理を見直す

筋肉があり体

肌荒れの大きな原因として、実は汗が考えられています。プロテインの成分や男性ホルモンのメカニズムを知っていても、汗を防ぐことはできません。肌はとても敏感なもので、内側の変化をいくら調整しても、汗のような外側からの刺激をしっかりと防がないことには意味がありません。特に汗の中でも顔汗は特に厄介です。

顔汗によって、肌のバリア機能が壊れてしまいます。肌は通常弱酸性に保たれていますが、汗によってバランスが崩れることで、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。そうなると外を歩いているだけで、排気ガス、大気汚染、紫外線によって肌荒れにつながってしまいます。

しかし、顔汗はしっかりと処理してしまえば怖いわけではありません。まずは汗はマメにふき取るようにします。そうすれば、細菌が繁殖しやすい環境を防ぐことができます。

またゴシゴシと拭き取らずに優しく上からハンカチやタオルを当てるように拭き取ります。また洗顔などを過度にするのもやめるようにします。顔を洗いすぎると洗浄力の強い石鹸などで必要な分の皮脂まで洗い流してしまい、逆に肌のバリア機能を失ってしまいます。汗はしっかりと優しく拭き取り、洗顔は必要最小限に抑えるようにしましょう。

プロテインとの食事の関係を見直す

サラダを食べている余生

プロテインは摂りすぎてもダメですし、不足しすぎてもダメなものです。そのため日頃からプロテインと食事の良いバランスを保つことが大事になってきます。日頃の食事から、高タンパク、低カロリーの食事をするのであれば、しっかりと脂身の少ない肉類や魚を摂取して、脂肪分の少ない乳製品を摂取するようにしましょう。

プロテインはその中でうまくタンパク質を摂取できない場合や筋肉をつけていきたい場合などに、効率よく摂取するようにしましょう。くれぐれも摂りすぎないようにすることがタンパク質においては大事になってきます。

内臓疲労、カロリーオーバー、腸内環境の乱れなどに繋がらないように、プロテインと食事のバランスを見直しましょう。

プロテインを飲むタイミングを見直す

腕時計

プロテインを飲むタイミングはいつでもいいわけではありません。適切なタイミングにプロテインを飲むことで体に対する影響もグッと変わってきますので効率的なプロテイン摂取を目指しましょう。

まずはプロテインを摂取するべき最適なタイミングは、運動後45分以内です。このタイミングであれば、もっとも効率的に筋肉を生成することができます。

次に成長ホルモンの成長を促すために最もオススメなのが就寝前です。就寝の30分〜1時間前には摂取しましょう。そうるうと寝ている間に効果的に成長ホルモンを分泌し続けてくれます。

最後にオススメするタイミングとしては、朝食時です。朝食時にプロテインを摂取すると、朝から水分や栄養が不足している状態に、効率的にプロテインを摂取させることができ、朝からテキパキと活動することができます。

いずれにしろ、プロテインの過剰摂取はマイナスにしかならないので効率的なタイミングを理解して、正しく摂取していきましょう。

プロテインを飲んで理想の体に

タオルを首に巻いている女性

プロテインはしっかりと適切なタイミングで摂取すれば確実に美しい肉体美を筋トレによって作ることができるものです。ただし、ここで紹介したようにプロテインの摂取しすぎは、体にとってマイナスに働くこともあることをしっかりと認識しましょう。

また、筋トレの仕方や男性ホルモンの存在もしっかりと認識して、肌荒れに繋がってしまう要因を排除するようにすることも大事なポイントです。プロテインを適切なタイミングで飲みつつ、筋トレもしっかりと行うことでダイエットや体幹の維持を達成しつつ、汗の処理などを適切にすることで、美しい体を維持しながら、肌荒れも防げるようにしましょう。

ABOUTこの記事の監修者

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。