ベビーオイルは保湿に有効なの?メリット・デメリットをお伝えします!

ベビーオイル

「ベビーオイルが乾燥に効くって聞いたけど本当なの?」

と疑問を持っているあなたに今回は、ベビーオイルを使うメリットとデメリットをご紹介します。赤ちゃんに使うベビーオイルですが、実は乾燥肌に悩まされている大人でも使えます。一方で、使う上で気をつけなければならないこともあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

ベビーオイルは保湿に効果的?

赤ちゃんの肌向けに作られているベビーオイルですが「大人の保湿ケアにも使えるの?」という疑問が生まれますよね。結論から言うと、大人でも使えます。またベビーオイルは低刺激であるので、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使えるメリットがあります。

ベビーオイルの成分

実験管

ベビーオイルは「酢酸トコフェロール」「ミネラルオイル」からできています。基本的にこの2つだけ(稀に主成分が異なるベビーオイルもある)でできており、酢酸トコフェロールは酸化防止剤なので、主成分はミネラルオイルです。ミネラルオイルとは鉱物油に分類される成分で、多くの化粧水に含まれています。鉱物とは「石油」のことです。体に悪そうなイメージがありますが、石油の不純物を徹底的に排除しているので、肌への刺激はほぼありません。

ちなみにミネラルオイル以外の成分はこちら

ホホバ油 天然オイル。肌への馴染みがよく低刺激
マカデミアナッツ油 皮脂に含まれるオレイン酸とスクワランが主成分
オリーブ油 オレイン酸が主成分。酸化しにくいのが特徴
コメヌカ油 オレイン酸が主成分。保湿力の高いコメヌカ糖脂質を含む
スクワラン 人間や動物、植物に含まれる。肌によく馴染み低刺激
馬油 人間の皮脂の成分に近い。酸化しやすい

ベビーオイルの特徴

赤ちゃん
  • 低刺激
    なんといっても「肌への刺激の少なさ」です。ミネラルオイルは石油から生成する過程で、不純物がほぼ100%取り除かれており精製度が非常に高いです。質が良いので肌への刺激も少ないです。
  • 肌を保護する
    普通の化粧水や乳液などは肌の「角質層」といわれる部分に浸透することで保湿効果を発揮しますが、ベビーオイルの場合は、角質層には浸透せず肌に表面に薄い膜を作ります。膜ができることで肌の水分を逃がさず、外部の刺激から守ることができます。
  • 低コスト
    ミネラルオイルは原材料が石油なので、他の天然オイルに比べて圧倒的にコストが低いです。ドラッグストアの商品棚を見ると分かりますが、ベビーオイルは他の美容オイルと比べても値段が安いです。

ベビーオイルのメリット・デメリット

バス用品

ベビーオイルのメリット

  • 低刺激なので誰でも使える
    なんといってもこれが最大のメリットですね。先述したように、低刺激なので乾燥肌や敏感肌に悩まされている人など、誰でも安心して使えます。
  • 他のオイルよりも安い
    ベビーオイルは石油からできているので価格がとても安いです。他のオイルと比べても2割ほど値段が低いですね。そこまで差がないように思いますが、毎日使うものと考えればかなりコストは変わってきますよね。
  • 他のオイルよりも継続しやすい
    「低刺激で低価格」なベビーオイルは、体への負担も少なくお財布にもやさしいので他のオイルと比べても安心して続けられます。

ベビーオイルのデメリット

  • 保湿力が弱い
    実はベビーオイルは「うるおいは保つが保湿してくれる訳ではない」んです。普通のオイルであれば「角質層」にまでうるおいを浸透しますが、ベビーオイルは肌の表面をコーティングしてくれる役割しかありません。みずみずしい肌にはなりますが、継続的な保湿には向きません。
  • 毛穴詰まりが起こることも
    ベビーオイルは角質層まで浸透しません。皮膜性が高いので、毎日何回も使っていると毛穴詰まりを起こしてしまうことがあります。

ベビーオイルの使い方

赤ちゃんにオイルをつける

それではベビーオイルの使い方をご紹介していきます。様々な使い方があるので、自分に合った方法を選びましょう。

  • 洗顔料に混ぜて泡立てる
    洗顔料をしっかりと泡立てて、そこにベビーオイルを1~2滴たらします。そうするといつもより泡立ちが良くなり、さらにキメの細かい泡を作れます。より肌にやさしい洗顔ができます。
  • クレンジングオイルとして使う
    一般的なクレンジングオイルは刺激が強いので、あえてベビーオイルを代用する方法です。乾燥肌の人のメイク落としにも便利な方法です。

やり方

  1. マスカラやリップなどメイクの濃い部分をリムーバーを使って落とす(ベビーオイルのクレンジング力が弱いため)
  2. ベビーオイルを両手で温め、Tゾーン→顎→頬の順で顔全体に馴染ませていく
  3. 指の腹を使って小さな円を描くように、優しく顔全体に馴染ませる
  4. ティッシュもしくはコットンを使いオイルを優しく拭き取る
  • 入浴後に全身に使う
    肌の水分が蒸発しやすい入浴後にベビーオイルを使う方法です。タオルで体を吹く前に、体に水滴が残った状態でベビーオイルを全身に馴染ませていきましょう。頭皮に使ってもOKです。体と同じように頭皮になじませると、頭皮の乾燥も改善できます。
  • 水仕事での手の乾燥を防ぐ
    キッチンでの洗い物をする前にベビーオイルを使い手の乾燥を防ぐ方法です。洗剤によって皮脂が洗い流され、肌が荒れるのを防ぎます。ミネラルオイルが肌の表面に保護膜を作ってくれます。

【ベビーオイルについて、こちらの動画をご覧ください】

ベビーオイルの注意点

びっくりしている女性

肌がかえって乾燥することも

先述したように、ベビーオイルは肌の表面に保護膜を作ってくれるオイルです。肌の角質層まで浸透しないので、継続的な保湿には向きません。また、毎日使うことで、肌の内側の油分が失われて乾燥状態になることもあります。これを「インナードライ状態」とも呼びます。

ミネラルオイルが主成分ではないこともある

ベビーオイルのほとんどはミネラルオイルが主成分ですが、他の主成分の場合もあります。ホホバ油、オリーブ油、コメヌカ油などの天然オイルは肌への浸透力が高く、乾燥肌に悩まされている人はこれらを使うと良いでしょう。

ベビーオイルを正しく使おう

バスタオル

赤ちゃんのスキンケアに使われるベビーオイルも、使い方次第で「大人の肌の乾燥対策」として使うことができるんです。「肌にやさしい」「うるおいを保ってくれる」などのメリットがある一方で、「毛穴詰まりを起こしてしまう」といったデメリットもあるのでしっかりと理解したうえでベビーオイルを使うようにしましょうね。

ABOUTこの記事の監修者

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。