家で気軽に簡単に行えるホワイトニングは本当に白くなるの?

柴田はるひ

こんにちは!ホワイトニングという言葉最近よく耳にする機会が多いのではないでしょうか?芸能人の方でもキラキラした印象的な歯の方が多いですよね。透き通るようなキレイな歯をしている人はホワイトニングを行っています。

歯を白くできるホワイトニングが家で気軽にできたらとっても楽ですよね!今回は家でできるホワイトニングについて費用や安全性についてご紹介していきます。

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは歯に薬剤を塗って歯の表面のエナメル質や歯の内側にあり歯の色を決定している象牙質を白くキレイにする事です。ホワイトニングはアメリカで始めて実用化されました。

ホワイトニングには歯科に通ってホワイトニングを行うオフィスホワイトニング、家で薬剤を使用してホワイトニングを行うホームホワイトニング、歯科と家でホワイトニングを行うデュアルホワイトニングがあります。

白い歯は美のトレンド

芸能人は歯が白くきれいな方が多いですよね。白い歯は長らく美のトレンドとされてきました。歯がキレイだと自信になります。自信がつけば笑顔が輝いてきます。芸能人にとって笑顔は命でしょう。美しい笑顔を作るために白い歯が必要ですので歯を大事にするのです。

芸能人でなくても歯がキレイだと営業など取引の仕事では相手の印象がよくなります。肌をキレイにする方法が男性まで浸透し、今度は歯をきれいにしようというのが世の中のトレンドとなっていっています。

家で気軽に行えるホワイトニング4選

ホワイトニングについて色々ご紹介してきましたが、今回は家で気軽に行えるホワイトニングに絞ってご紹介していきます。ホワイトニングと呼ばれているものは世間で多く存在していますが果たして全てが歯を白くすることができるのでしょうか?

そんな皆様の疑問にお答えするべく家でできるホワイトニングをそれぞれご紹介していきます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは自宅でホワイトニングを行う事です。基本的には自分でホワイトニングを行います。歯科に行って自分の歯型に合ったマウスピースを作成してホワイトニング専用の薬剤をマウスピースにつけて装着します。

ホームホワイトニングの効果が実感できるのは人それぞれで元々キレいな歯の人は2週間で効果を実感できる人もいれば2カ月程度経ってから歯が白くなるのを実感できる人もいます。

費用相場

ホームホワイトニングの料金相場ですが、基本的に薬剤とマウスピースの料金となります。歯科医院でホームホワイトニングを行う場合のマウスピースと薬剤を含めた費用相場は15000~30000円程度となります。メンテナンスに必要なホームホワイト二ング剤は1本1500~2000円前後となります。

海外から個人輸入し購入できるホームホワイトニングキットはマウスピースが個人の歯並びに合わせられないためあまりおすすめはしません。歯科医院に行って作ってもらったほうがぴったりと合ったマウスピースが作成できますので効果も高いです。

安全性

ホームホワイトニング剤の主成分は基本的には過酸化水素です。過酸化水素の成分は歯を白くしてくれます。過酸化水素は消毒液と同じ成分なので基本的には安全です。過酸化水素の濃度によって歯の白くなりやすさが違ってきます。

ホームホワイトニングで使用する薬剤には過酸化尿素での表記となっています。過酸化水素と効果は同じです。過酸化尿素は分解されて過酸化水素と尿素に分かれます。その際成分が1/3に薄まります。過酸化尿素の表記が30%であれば、過酸化水素の濃度は10%前後となります。

ホームホワイトニングの使い方

ホームホワイトニングの使い方を解説していきます。

①歯科医院でマウスピースの型取り

ホームホワイトニングを歯科で行う場合にはマウスピースを作成します。粘土のようなもので型をとってそれに合わせてマウスピースを作成します。

②受け取り

歯の型を取ってからおおよそ一週間程度でマウスピースを受け取ります。自分でマウスピースを持って帰る経験は初めての方が多く感動する方もいるようです。

③マウスピースにジェルを入れて装着

ホワイトニング剤を使用する前には水分がマウスピースに混ざっていないか確認をしましょう。確認したらジェルをマウスピースに適量入れて装着します。マウスピースをはめる際には歯にしっかりはめましょう。

ジェルの種類によっても入れる量は異なります。多く入れすぎてしまうとジェルが口の中で溢れてしまい不快な思いをする場合もありますが飲み込んでも問題はありません。

④時間を置く

マウスピースにジェルを入れて装着したら時間を置きます。タイプとしては二通りあり夜寝るときにホワイトニングを行う場合には4~8時間、起きている時間にホワイトニングをする場合は2~4時間ホワイトニングを行います。種類により異なりますので必ず確認しましょう。

⑤外して水洗い

ホワイトニングの時間が完了したらマウスピースを外して歯についたホワイトニング剤を洗います。口を歯磨きで洗いましょう。

マウスピースは毎日使用するためにしっかりと歯ブラシで水洗いする事が大事です。マウスピースを洗っていないと細菌が増えて衛生上に問題がでてきます。ただマウスピースは高熱に弱いために低温で水洗いするのが大事です。

 

ホワイトニング歯磨き粉

一般的に目にすることが多いのがホワイトニングの歯磨き粉ではないでしょうか?ホワイトニング歯磨き粉はペーストを歯ブラシにつけて歯を磨くことで効果を表します。

大きく分けて2つ方法があり配合されている成分の効果で歯の表面についている汚れを分解して汚れを取ることによって白くする方法と研磨剤の力で物理的に汚れを取る方法です。なのでホームホワイトニングのように歯そのものを白くする効果はなく歯についている汚れを取る効果になります。

つまり歯を白くする効果は低いと言えます。ではどのような成分が配合されているのでしょうか?

ホワイトニング成分

ホワイトニング歯磨き粉で使用する成分は汚れを分解する場合主にポリリン酸が使われていることが多いです。セルフホワイトニングで使用する成分と一緒ですね。

セルフホワイトニングサロンやエステサロンで行うセルフホワイトニングもポリリン酸やメタリン酸、酸化チタンなどを使用しています。歯科医がいないサロンではそのような汚れをとる行為しかできないためです。

研磨剤の成分を配合している場合は炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)などです。

費用相場

ホワイトニング歯磨き粉は比較的安く手に入れられます。ポリリン酸などを含む歯磨き粉のほうが高く1000~3000円程度で、研磨剤を配合しているタイプは500~1000円程度で購入することが可能です。

安全性

ホワイトニング歯磨き粉で使用する薬剤は無機化合物が主な成分になります。無期化合物は食品や化粧水で使用されているために人体への影響がなく安全に使用できます。

資格を持っていなくても十分に扱える成分になりますので痛みや知覚過敏になるようなこともありません。

他のホワイトニンググッズ

ホワイトニングシール

ホワイトニングシールという言葉を聞いた事はありますか?ホワイトニングシールとは1日に1回ホワイト二ングのシールを歯に貼ってホワイト二ングを行う事です。シールを貼るだけなので手軽にホワイトニングを行う事ができます。

ホワイトニングシールはアメリカで普及していますが日本では法律の問題からホワイトニングシールはドラッグストアなどでは販売されていません。そのためホワイトニングシールを使用したい方はアメリカから個人輸入する必要があります。価格は20回分で6000円前後となります。

ホワイトニングシールは過酸化水素を含んでおり歯が白くなりますが薬剤の濃度によっては長時間使用すると歯や歯茎に痛みが出たりしますので注意が必要になります。しっかり歯にシールを貼っていないとまだらに白くなってしまいます。

日本人の歯はアメリカ人に比べエナメル質が薄くしみやすいのであまりおすすめはできません。

歯の消しゴム

歯の消しゴムとは文字通り消しゴムのように歯に消しゴムを当てて歯の汚れを落とします。歯の消しゴムは先端にシリコンが入っており消しゴムに含まれている研磨剤によって歯の汚れを落としていきます。

また、メラミンスポンジによる消しゴムもあり激落ち君のように歯を磨くことで表面についている汚れがおちます。こちらも歯そのものを白くすることはできません。

注意点

家で自分でホワイトニングをするには使用の際に注意点があります。以下も必ず確認してから行うように心がけて下さい。

使用方法を守る

使用方法を守ることがとても重要になってきます。誤った使い方をして事故が起こった場合にすぐに対処できないのが問題です。そのためしっかりと使用方法を守ることがとても大事になってきます。

不具合がでたら歯科医院へ

不具合が出たら歯科医院へ直行しましょう。自分で処置してしまうと不具合がますます悪化してしまう可能性があります。元々歯科医院で作ったようなホームホワイトニングの場合や日本で売られている歯磨き粉は薬機法に基づいて作られているのでそんなに心配はありません。

アメリカなどから個人輸入する場合は濃度が高かったりして日本人の歯に合わない場合がありますのでもし不具合が出た場合には必ず歯科医院へ行きましょう。

ホワイトニングと商品にはありますが・・・

ホームホワイトニングは過酸化水素を使用していますので歯自体を白くすることができてしっかり使用すれば芸能人のような歯の白さになることも可能です。

ただ歯磨き粉や消しゴムなどは本来の歯以上は白くはなりません。市販で売られている商品で使用している成分は歯についている汚れをとってくれるので元の自然な色に戻るということを覚えておいてください。

家でホワイトニングをしてみましょう。

ここまで家でできるホワイトニングについて解説してきました。家でホワイトニングを行う場合にはホームホワイトングやホワイトニング歯磨き粉などがあります。しっかり白くしていきたいのであればホームホワイトニングなどのホワイトニングがおすすめです。

初めてホワイトニングされる方で高額な料金をかけたくないと感じている方であれば市販の商品を試して見るのもいいのではないでしょうか。

ABOUTこの記事の監修

柴田はるひ

《経歴》
2011年名古屋デンタル衛生士学院卒業
国家資格歯科衛生士免許証取得
2012年愛知県一般歯科にて一般的な歯科診療やインプラント、矯正、歯周病担当歯科衛生士として2年間勤務
2014年上京し都内のホワイトニング専門審美歯科にてホワイトニングやクリーニング、小顔マッサージやフェイシャルエステなどを経験
2017年12月日本化粧品検定1級合格し2018年2月コスメコンシェルジュ取得
2018年現役歯科衛生士&コスメコンシェルジュとしてライターとしても活動中。
《得意分野》
ホワイトニング、歯のクリーニング、カウンセリング
小顔マッサージ、唇美容、プラセンタ系エステ、歯周病
コスメ全般(基礎化粧品、メイク、ヘアケア、アロマ、香水など)
《メッセージ》
歯科衛生士として長く働いてきて、お客様や患者様の悩みや相談を沢山うかがってきました。お口元を美しくすることは審美面だけではなく、結果的に将来歯を失わずにずっと健康的に過ごせる健康面もサポートすることができます。
さらにコスメコンシェルジュを取得してからは身近なコスメにも詳しくなり周りの女性をさらに輝かせるお手伝いができていると実感しています。
今までは目の前のお客様や患者様の美容と健康をサポートし喜んでいただくことにとてもやりがいを感じていました。ですがこれからは現役歯科衛生士ライターとしてコスメコンシェルジュとして、ネットを通じて情報を提供することで全国の皆様に同じように美容と健康を理解していただくことができる喜びを感じています。
沢山の方が自分の目標とする美容と健康を手に入れて年齢を重ねても自分と自分の人生を愛せるようにお手伝いができたら幸いです。