更年期の肌荒れはホルモンバランスの乱れ?うつ病にも要注意

きれいな女性

いよいよアラフィフを迎える女性にとって、肌の状態がこれまでとはちがうことに気づかないということはむしろ希ですよね。大人ニキビができて久しい、肌のキメがなくなってきているなど、鏡に姿を映すたびに、気になる肌トラブルが増えていくものです。そんなとき、ちょっと考えていきたい更年期というステージ。これはすべての女性が迎え、人によってその症状が異なる大きな身体の変化のひとつです。今回は更年期の肌荒れについてご紹介します。

更年期の肌荒れの原因はホルモンバランスの乱れ

女性のイラスト

閉経の前後5年ほどの時期である更年期。この女性の身体の大きな変化には、女性ホルモンが深く関わっています。まずは更年期の肌荒れとホルモンとの関係をご紹介したいと思います。

美肌効果があるエストロゲンが減る

女性ホルモンのひとつであるエストロゲン。卵巣の機能が低下するに従って分泌されにくくなり、40代後半になると急激に減少していきます。この変化に身体がついていけず、生じるのが更年期障害と呼ばれる身体のさまざまな症状。ほてりやのぼせ、イライラ、不安感、頭痛屋動機など、症状はいろいろありますが、その中に肌トラブルも起こります。

肌や髪のうるおいを保ち、女性らしい体型にするホルモンで在るエストロゲンが減っていくことで、肌のつやが失われ、乾燥が進んでいくようになります。その結果、肌が繊細になり、ニキビなどのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

肌のターンオーバーが遅れる

20代や30代のころには肌の再生機能であるターンオーバーも正常に働いていましたが、更年期に入ると肌のターンオーバーのペースがゆっくりになってくると言われています。その結果、肌表面に古い角質が残り、毛穴をふさぎ、余分な皮脂が内部にたまることで大人ニキビや吹き出物の原因となるほか、くすみなどの原因にもなってしまいます。

また、肌のターンオーバーの周期が遅れてくると、紫外線を浴びたことで発生するメラニン色素が肌にとどまり、色素沈着を起こしてしみになることもあります。

ストレス増加にも気をつけるべき

耳をふさいでいる女性

更年期を迎える女性は、心や体のバランスが不安定になってしまいます。このため、ちょっとしたことでストレスとなり、そのストレスによる疲れや心労は顔にも現われてしまいます。最近、老けたなぁと感じたとき、それは更年期世代が受けるストレスによるものかもしれません。

また、肌自体も何らかのストレスを受けると、色調が濃くなります。ニキビを潰したり、かいてしまったり、爪で傷つけたりしたらシミになってしまうこともあります。身体を洗うときの摩擦で皮膚が黒ずむこともよく知られていますよね。

ストレスは、身体的にも精神的にも影響を及ぼします。なるべくストレスをためないようにすると同時に、ストレスをうまく発散させる方法を見つけていくことも大事です。

更年期におこる肌荒れの症状

40代後半ごろからはじまる更年期におこりやすい肌荒れの症状とは、乾燥、大人ニキビ、そしてアレルギー症状などです。具体的にどのような症状が出てくるのでしょうか。

乾燥肌

虫眼鏡を通して肌が乾燥している女性

更年期になると、女性ホルモンの減少によって肌のバリア機能が低下してくることから、乾燥肌になりやすい傾向があります。肌質が変わってくると、これまでのメイクアイテムが合わなくなり、皮膚がかゆくなるなど、これまで起こったことのない症状が現われるようになります。化粧品のせいで肌荒れが起こるほか、かゆみのせいで肌にシミができるなど、付随してさまざまな肌トラブルを生んでいくことにもなりかねません。

ニキビ

ニキビが出来ている鼻

女性ホルモンの減少によって肌が乾燥すると、皮膚の保護機能によって、皮脂の分泌が活発になります。その結果、ニキビや吹き出物が出やすくなります。

また、肌の再生機能であるターンオーバーの周期がゆっくりとなることで、古い角質が毛穴をふさぎ、余分な皮脂が原因となってニキビや吹き出物が出やすくなります。

更年期にさしかかると肌トラブルが起こりやすくなりますので、日頃のスキンケアを見直すと同時に、肌トラブルに神経質にならないようにしましょう。

アレルギー症状が出やすい

更年期になり、ホルモンバランスが崩れると、自律神経も乱れ、身体の免疫機能も低下します。その結果、じんましんやアレルギー症状などが現われることもあります。また、肌の乾燥が進むことで肌にかゆみが生じ、結果として湿疹やアレルギー症状などが現われることもあります。

いずれの場合も、更年期を迎えると体質が変わることもあるため、これまで起こったことのない症状が現われることもあります。おおらかな気持ちでゆったりと構えていくことも大切です。

更年期の肌荒れ対策法

更年期という特別な人生のステージを迎えようとも、肌荒れ対策の基本は同じです。ただ、単なる肌荒れではなく、心と体が不安定なことが原因ですので、それまで以上にリラックスした気分をキープすることを意識して過ごしていきましょう。

保湿力を高め、ホルモンバランスを保つ食べ物を

サラダ

肌の状態が不安定となる更年期を迎えるにあたって、食生活の見直しは非常に重要です。これまで以上に、美と健康を考えて、いつまでも美しくいたいですよね。

肌の基本はたんぱく質です。たんぱく質は、臓器や筋肉、肌、髪、爪などを作り、肌のツヤやハリを生み出すコラーゲン、角質細胞にある天然保湿因子などのもとになっています。このため、たんぱく質を積極的に摂ることは非常に重要となります。肉類や魚介類、大豆や大豆製品、卵、乳製品や牛乳などに多く含まれています。

また、ビタミンやミネラルには肌に働く栄養素がたくさん含まれています。ビタミンAは皮膚や粘膜に働き、肌のターンオーバーを助けてくれます。レバーやうなぎ、緑黄色野菜などに含まれています。ビタミンB群は、皮膚の成長を助けるB2やたんぱく質の代謝に働くB6など、肌に役立つ栄養素で、レバー、肉類、魚類などに含まれています。ビタミンCは抗酸化作用で知られ、肌の弾力に働くコラーゲンの生成に働きます。柑橘系の果物、野菜などに含まれています。ビタミンEは若返りのビタミンとも言われ、肌のバリア機能を助け、血流を改善する働きがあるため、肌の健康をサポートしてくれます。ナッツ類や植物油などに含まれています。また、肌の新陳代謝に関わる亜鉛やマグネシウム、マグネシウムと密接な関係を持つカルシウムなども意識して摂取したい栄養素です。マグネシウムは種実類、魚介類、野菜、豆類に多く含まれ、カルシウムは牛乳、魚類、海藻、大豆類、緑黄色野菜などに多く含まれています。

スキンケアはシンプルに

鏡を見ながらクリームを塗っている女性

更年期を迎え、肌の状態がよくなくなってくると、高級な化粧品を使った方がいいかなと考える方もいらっしゃいます。実際、更年期を意識した製品ラインナップは、高級で高額な製品が多くそろっています。

たしかに、それまで使っていたメイクアイテムが合わなくなることがあるため、化粧品の見直しは大切。でも、更年期だから高級化粧品に換えた方がいいというのはちょっと早合点ではないでしょうか。

肌の状態がよくないとき、どんなにいいスキンケアアイテムを使っても肌に悪い影響を与える可能性があります。一度、これまでの手をかけすぎていたスキンケアをオフし、最低限の肌の保湿だけに切り替えて、肌の状態を確認してみてはいかがでしょうか。

いずれにせよ、身体的にも精神的にもバランスを崩しやすいステージですので、肌が荒れたからと焦っていろいろと手をかけるのではなく、肌にもリラックスを与えてあげて、スキンケアをシンプルにし、それでもよくならなかったら、皮膚科などの専門家に相談してみるのもひとつです。

ストレスをためないように

寝ている女性

更年期になると、肌の状態が不安定になるだけではなく、精神的にも不安定になってきます。したがって、さまざまなストレスをためないようにすることは非常に大事です。

ところで、更年期の女性が受けやすいストレスには、女性ホルモンの乱れによる身体的なストレスのほか、仕事や人間関係などが原因の社会的なストレス、本来の性格が生み出す精神的ストレスなどがあります。ちょっとのことでイライラしたり、これまで何ともなかったことに対してムカムカしたり、こうした気持ちの不安定さが身体にも影響し、のぼせやほてり、動悸や頭痛、手足のしびれなど、さまざまな症状として現れることもあります。

ストレスをためないようにするには、ストレスの発散方法を見つけることです。のんびりとお風呂に入る、ゆったりとした気持ちで音楽を聴く、運動をする、趣味に没頭するなど、アナタに合った方法を探していきましょう。

更年期のイライラは要注意

セラミド

今回は更年期にさしかかった多くの女性が直面する症状、とくに肌荒れについてご紹介しました。年齢を重ねていくとともに、ホルモンのバランスが崩れていくことは仕方のないこと。そんな不安定な時期を乗り越えていくためには、アナタに合った方法でストレスをためずにリラックスしていくことが重要です。気持ちよくアラフィフを過ごすためにも、前向きに更年期というステージと向き合っていきましょう。

ABOUTこの記事の監修者

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。