歯のマニキュアは事前の下調べが大事!【問題点と使用方法】

歯のホワイトニングをおこなう人が増えてきている昨今、歯を白くする方法もたくさん登場してきています。その中の1つが歯にマニキュアを施すという方法です。

ところが、歯のマニキュアには良い口コミもあれば悪い口コミもあり、何を信じていいのか分からないという方もいらっしゃることと思います。そこで今回は、歯のマニキュアの利用法や注意点について、詳しく解説したいと思います。

 

歯のマニキュアの注意点

歯が痛そうに頬をおさえている女性

それでは早速ですが、歯にマニキュアをする際の注意点について見ていきたいと思います。ホワイトニングに比べると、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

色むらになりやすい

歯のマニキュアの問題点としては、色むらができやすいということがあげられます。歯のマニキュアは、審美目的の治療をおこなっている歯科医院でおこなってもらうことも可能ですが、自分でおこなうこともできます。

特に、自分で歯のマニキュアをするような場合、よほど器用な人であったり、慣れた人であったりしないと、どうしても仕上がりに色むらが生じてしまいます。

1人の人間であっても、歯の色はどれも同じという訳ではありません。特に黄ばみが強い歯もあれば、黒ずんでいるような歯もあることと思います。そのどれも同じように仕上げるのはなかなか困難なものです。

また、歯科医院でおこなってもらうにしても、担当の施術者によって技量の差が表れる可能性があります。爪のマニキュアもそうですが、やはり上手な人とそれほどでもない人がいるものなのです。

歯の表面にしか塗れない

歯のマニキュアは、ホワイトニングとは異なり、歯の表面にしか施すことができません。そのため、下手に塗るとかえっておかしな印象を人に与える可能性があります。

また、歯の表面にマニキュアを塗る際に、唇や歯茎にマニキュアがついてしまう可能性があります。そうなると、笑ったときに歯ぐきが白く見えるため、不気味な印象を与える可能性もあります。

落とし残しがあると汚れがつきやすくなる

歯のマニキュアは、歯科医院でおこなってもらうケースと、自分でマニキュアを塗るケースとがあります。そのうち、歯科医院でおこなってもらうタイプのマニキュアは、効果が長持ちする分だけ落ちにくくなっています。

そのため、基本的に歯科医院で歯のマニキュアをおこなってもらった場合、マニキュアを落とす際にも歯科医院でおこなってもらうこととなります。

問題は自分で歯にマニキュアをした場合です。市販の歯に施すマニキュアは、歯科医院でおこなうマニキュアとは異なり、歯磨きをすることによって落とすことができるというメリットがあります。

ただ、市販のマニキュアにもある程度の粘着力があるため、しっかりと歯磨きをおこなわないと、磨き残しの部分にマニキュアが残ることとなってしまいます。

マニキュアの落とし残しがあると、その部分にプラーク(歯垢)が付着してしまったり、変色してしまったりといったことが起こりかねません。

特に、歯並びの悪いような人の場合、歯と歯の間に磨き残しが発生してしまい、その部分が変色するリスクが高くなってしまいます。

歯をキレイに見せるために歯のマニキュアをしたのに、かえって汚く見える結果となってしまうのでは、まさに本末顛倒といわざるを得ないでしょう。

不自然な白さ

歯のマニキュアは、簡単にいえば歯を白く塗ることを意味しています。そのため、ホワイトニングをおこなった場合のような、透明感のある輝く歯になることはありません。

極端にいえば、歯に絵の具の白色を塗ったような、のっぺりとした仕上がりになります。遠目に見る分にはそれほど目立ちませんが、間近で見た場合、相手に不自然な印象を与えることがあります。

歯のマニキュアがオススメな人

歯の模型を持っている笑顔の女性

歯のマニキュアについて、まずその注意点を見てきました。歯のマニキュアにはさまざまなデメリットもありますが、ただ、デメリットがあればメリットもあるものです。では、どのような人にとってメリットがあるのでしょうか。

ホワイトニングができない人

何らかの事情で歯のホワイトニングができないという人でも、歯のマニキュアであれば可能なことがあります。たとえば、歯の成長段階にある人の場合、ホワイトニングをできないことがあります。

ところが、歯のマニキュアであれば、年齢制限なく受けることが可能となっています。また、歯のホワイトニング剤に含まれる過酸化水素を体内で分解できない無カタラーゼ症の人であっても、歯のマニキュアであれば可能なケースがあります。

他にも、歯の「フッ素症」といって「フッ化物」の過剰摂取によって、歯の変色する疾患があります。軽度であればホワイトニングが可能なのですが、重度になるとホワイトニングでは対応できなくなります。そのような場合でも、歯のマニキュアであれば対応が可能となっています。

かぶせものがある人

歯のホワイトニングは、基本的に健康的な歯に対しておこなうものです。そのため、かぶせものをしている歯に対してはおこなうことができません。

一方、歯のマニキュアは、極端に言うと「歯に色を塗る」という手段であるため、かぶせものをしている歯であっても白くすることが可能です。

歯の変色が強かったり、歯の神経が死んでいたりしても歯を白くすることができますが、ホワイトニングと同様、虫歯や歯周病がひどい場合には受けることができません。

どうしても早急に白くしたい人

歯のマニキュアは、どうしても早急に歯を白くする必要があるという人におススメの方法です。たとえば、結婚式や成人式が間近に迫っていて、ホワイトニングをする暇がないというような場合に便利です。

また、同窓会や合コンなど、大事なイベントの前に口元の印象度をアップさせたいようなときにも、やはり歯のマニキュアは便利です。

歯のマニキュアの方法

汚い歯を磨いてあげる綺麗な歯のイラスト

ここまで歯のマニキュアのメリットとデメリットについて見てきましたが、実際に歯のマニキュアはどのようにしておこなうのでしょうか。大きく分けると、歯科医院でやってもらう方法と、自分でやる方法の2種類があります。

歯科医院で行う場合

歯の治療を受ける女性

それでは最初に、歯科医院で歯のマニキュアをしてもらう方法について見ていきたいと思います。費用やメリットについても紹介していきます。

①費用

歯科医院で歯のマニキュアをおこなってもらう場合、治療ではなく審美目的となるため、原則として保険が適用されません。そのため、施術費用は全額自己負担ということになります。

保険の適用がない自由診療の場合、施術料金は歯科医院の言い値ということになります。歯科医院がたくさんある都心部などでは価格競争が起こっているため、比較的安価で歯のマニキュアをおこなうことが可能となっています。

地方都市など、あまり審美目的の施術をおこなっている歯科医院が少ないような場合、施術費用が高くなってしまうケースもあります。

また、歯を白くする効果の高いマニキュアや、効果が長持ちするマニキュアを用いると、その分だけ施術費用も高くなるようです。

手軽に始める歯のマニキュアであれば、6本6,000円程度で受けられるようですが、効果の高いマニキュアになると、歯1本につき9,000円から10,000円程度することもあります。

②色がもつ期間

歯科医院でおこなう歯のマニキュアは、「ホワイトコート」などとも呼ばれています。そして、歯の白さが持続する期間は歯のコート剤によって異なることとなります。

気軽におこなえるタイプの歯のマニキュアであれば、効果は数日程度となっていますが、本格的に行うタイプの歯のマニキュアであれば、効果も3ヶ月程度と長くなっています。

③メリット

歯科医院で歯のマニキュアをしてもらうメリットとしては、第一に仕上がりの良さということがあげられるでしょう。単純に考えても、鏡を見ながら自分で歯にマニキュアをするのと、人にやってもらうのとでは、仕上がりに差が生じるのは当然と言えます。

しかも、審美目的で施術をおこなっている歯科医院の医師や歯科衛生士は、いわばその道のプロフェッショナルです。当然、素人がおこなうよりもキレイに仕上げてくれるわけです。

また、歯科医院で用いるホワイトコート剤は、市販のものよりも効果が長持ちするというメリットもあります。

④デメリット

歯科医院で歯のマニキュアをおこなってもらう場合のデメリットとしては、やはり費用が高額になるということがあげられます。場合によっては、歯1本あたり10,000円もかかってしまうケースがあります。

また、マニキュアに用いるコート剤によっては効果が長持ちする分だけ、途中で歯がしたくなっても気軽にはがすことができません。そのような場合、歯科医院でマニキュアを剥がしてもらう必要が生じます。

あと、歯のマニキュアをおこなっている間は、歯のホワイトニングを並行しておこなうことができません。根本的に歯を白くしたいような場合は、歯のマニキュアではなくホワイトニングを選択しましょう。

3-2.自分で行う場合

歯を治療する小人

歯のマニキュアは、歯科医院でやってもらうだけでなく、自分ですることも可能です。では、自分で歯にマニキュアをおこなう場合、どのようなメリットがあるのでしょう。また、一般的にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

①費用

自分で歯にマニキュアをおこなう場合、市販のマニキュアを購入することとなります。市販の歯のマニキュアはだいたい1,500円から3,000円程度で購入することが可能なので、歯科医院で歯のマニキュアをおこなってもらう場合に比べると、格安に歯のマニキュアをすることが可能となります。

②持つ期間

市販の歯のマニキュアが持つ期間は、せいぜい半日から1日程度です。歯磨きをすればたいてい落ちてしまいます。

③メリット

自分で歯のマニキュアをおこなう最大のメリットは、費用を安く抑えられるということでしょう。また、気軽におこなうことができるということもあげられます。

④デメリット

自分で歯のマニキュアをおこなう場合のデメリットは、塗りむらができてしまったり、歯や唇にマニキュアが付着してしまったりといったことがあげられます。

また、歯科医院でおこなってもらうマニキュアと比べた場合、効果が短いということもあげられます。

市販の歯のマニキュア

女性につままれている赤いマニキュア

自分で歯のマニキュアをおこなう場合、市販の歯のマニキュアを購入することとなります。ところで、市販の歯のマニキュアにはどのようなものがあるのでしょう。

ボトルタイプ

歯のマニキュアの代表的なものは、爪のマニキュアと同じようなボトルタイプのものです。ボトルの口の部分でコート剤を適度に落として、適量を歯に塗ることとなります。

爪のマニキュアを自分でする女性でしたら、使い勝手がよいと言っていいかもしれません。男性の場合はまず、薄く塗る練習から始めるとよいでしょう。

ペンタイプ

歯のマニキュアには、ペンタイプのものもあります。ちょうど、爪のマニキュアでネイルアートを施す際に用いるものと、形状的にはよく似ています。

部分的に歯を白くしたいようなときや、歯と歯の隙間にマニキュアを施したいようなときに、ペンタイプの歯のマニキュアは便利です。

シールタイプ

歯のマニキュアとは少し違いますが、シールタイプの商品もあります。ちょうど顔のパックをするように、歯全体にシールをかぶせて、ホワイトニング成分を歯に浸透させるという使い方をします。

海外の商品で日本では使えない過酸化水素を用いていますので歯自体を白くすることができますが、しみたりする可能性や日本人の歯はエナメル質が薄く刺激が強い場合があるので取り扱いには十分注意しましょう。

目的の応じて使い分けましょう!

いかがだったでしょうか。歯を白くするには、ホワイトング以外にも、歯のマニキュアという方法があることを理解して頂けたことと思います。自宅でできる歯のマニキュアもあれば、歯科医院でおこなってもらう歯のマニキュアもあります。

それぞれ一長一短がありますが、歯を白くする効果を長持ちさせたい場合や、キレイに仕上げたい場合には歯科医院で歯のマニキュアをしてもらい、気軽に歯を白くしたい場合には自宅でおこなうなど、目的に応じて使い分けるのが賢明と言えそうですね。

 

ABOUTこの記事の監修者

柴田はるひ

《経歴》
2011年名古屋デンタル衛生士学院卒業
国家資格歯科衛生士免許証取得
2012年愛知県一般歯科にて一般的な歯科診療やインプラント、矯正、歯周病担当歯科衛生士として2年間勤務
2014年上京し都内のホワイトニング専門審美歯科にてホワイトニングやクリーニング、小顔マッサージやフェイシャルエステなどを経験
2017年12月日本化粧品検定1級合格し2018年2月コスメコンシェルジュ取得
2018年現役歯科衛生士&コスメコンシェルジュとしてライターとしても活動中。
《得意分野》
ホワイトニング、歯のクリーニング、カウンセリング
小顔マッサージ、唇美容、プラセンタ系エステ、歯周病
コスメ全般(基礎化粧品、メイク、ヘアケア、アロマ、香水など)
《メッセージ》
歯科衛生士として長く働いてきて、お客様や患者様の悩みや相談を沢山うかがってきました。お口元を美しくすることは審美面だけではなく、結果的に将来歯を失わずにずっと健康的に過ごせる健康面もサポートすることができます。
さらにコスメコンシェルジュを取得してからは身近なコスメにも詳しくなり周りの女性をさらに輝かせるお手伝いができていると実感しています。
今までは目の前のお客様や患者様の美容と健康をサポートし喜んでいただくことにとてもやりがいを感じていました。ですがこれからは現役歯科衛生士ライターとしてコスメコンシェルジュとして、ネットを通じて情報を提供することで全国の皆様に同じように美容と健康を理解していただくことができる喜びを感じています。
沢山の方が自分の目標とする美容と健康を手に入れて年齢を重ねても自分と自分の人生を愛せるようにお手伝いができたら幸いです。