大人の吹き出物の意外な原因とは?誰でもできる治し方を教えます

美肌になった女性

大人になって、今まではできなかったあごや口周りにできる吹き出物に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ニキビと思ってケアをしてもなかなか治らなかったり、治ったと思ってもすぐに出てきてしまう大人の吹き出物。できてしまった場合の対処法や、吹き出物を繰り返さないための対策をまとめました。

大人の吹き出物と思春期ニキビの違い

ニキビを発見した女性

大人の吹き出物と思春期ニキビは、その原因が異なります。大人の吹き出物は、肌のターンオーバーがうまく行われなかったり、バリア機能が弱っていたりすることが原因で起こります。一方、思春期ニキビは、男性ホルモンが活性化することによって皮脂の分泌が増えることが原因です。

大人の吹き出物があごや口周りなどのUゾーンにできやすいのに対して、思春期ニキビはおでこや鼻などのTゾーンに多くできます。

また、大人の吹き出物が同じところに何度もできて跡が残りやすいのに比べ、思春期ニキビは跡に残りにくいといわれています。

同じニキビのように見えても、これらは原因も特徴も異なります。ですから、大人になってから吹き出物には若い頃と同じスキンケアでは効果がない、あるいは若い頃にはぴったりだったはずのスキンケアでも肌が荒れるといったことも起こるのです。

大人の吹き出物の原因

頬にニキビができている女性

乾燥による肌の新陳代謝である「ターンオーバー」の乱れ

肌は新陳代謝によって一定の期間で生まれ変わります。これをターンオーバーといいますが、肌が乾燥していると、このターンオーバーがうまくいかず、肌がなかなか再生されなくなってしまいます。代謝がうまくいかないことで肌には汚れがたまり、やがて吹き出物になってしまうのです。

ストレスによるホルモンバランスの崩れ

ストレスによってホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が過剰になったり、代謝が乱れたりといった悪影響を及ぼします。生理前に肌荒れがひどくなるのも、このホルモンバランスが関係しています。適度にストレスを発散する方法を見つけ、ためこまないようにしましょう。

睡眠不足などの生活習慣の乱れ

寝る

睡眠不足や不規則な生活など、生活習慣が乱れも、ターンオーバーの乱れや免疫機能の低下につながり、吹き出物の原因となります。

暴飲暴食も大人の吹き出物の原因

糖分や油分を多く含む食べ物は皮脂の分泌を増やします。また、暴飲暴食は内臓にも負担をかけてしまいます。内臓が弱ると、必要な栄養が吸収できない、免疫機能や代謝能力が下がるといったことを引き起こし、肌荒れに繋がってしまいます。

脂性肌による毛穴の詰まり

吹き出物の原因は乾燥に限りません。脂性肌の場合も皮脂が毛穴に詰まりやすく、吹き出物ができやすい状態になっています。ただし、年をとるにつれて皮脂の分泌量は下がるため、思春期ニキビに比べると脂性肌による大人の吹き出物は少ないといえます。

大人の吹き出物の治し方

ニキビがある顔

大人の吹き出物の治し方はしっかり保湿ケア

大人の吹き出物は、乾燥によるターンオーバーの乱れや肌のバリア機能の低下が主な原因です。また、脂性肌だと感じていても、実は乾燥を補うために皮脂を多く出している状態になっているということも多くあります。まずはしっかり保湿ケアをすることを心がけましょう。

具体的にどのようにスキンケアを行えばよいのか、順番に見ていきましょう。

肌に負担をかけるクレンジングは避けよう

ビタミンC

メイクが落としきれないと毛穴が詰まり、吹き出物の原因となってしまいます。ただし、しっかり落とそうとするあまりゴシゴシとこするようにクレンジングをすると、肌に大きな負担をかけてしまいます。毎日行っていればそれだけ肌は傷んでいきますから、できるだけ負担の少ない方法でクレンジングをしましょう。

クレンジングをするときは、指の腹で肌の表面を優しく撫でるようにします。少し指を浮かせるくらいの気持ちで、メイクとクレンジングをなじませましょう。フェイスマッサージにも使えるといわれているクレンジングを使うのもおすすめです。

メイクとクレンジングがなじんだら、ぬるま湯で優しく、そしてしっかりと洗い流します。冷水だとせっかく浮かせた汚れがまた固まってしまいます。ベストは、お風呂よりぬるい30~35℃程度です。

正しい洗顔の仕方

正しいと違うイラスト

洗顔のポイントは、とにかくたっぷりの泡を使うことです。泡だてネットなどを使って、さかさまにしても落ちないくらいの濃密な泡を作りましょう。細かな泡の粒子が汚れを吸着し、古い角質や皮脂を取り去ってくれます。

洗う順番は、まず、皮脂の多いTゾーン、次にUゾーン、最後に残った部分となります。泡をつぶさず、泡のクッションで顔をマッサージするイメージで洗いましょう。顔と手が直接触れ合うと、摩擦で肌が傷む原因になります。

顔全体に泡がいきわたったら、すすぎをおこないます。クレンジングと同じように、ぬるま湯でおこないましょう。ばしゃばしゃと勢いよくかけるのではなく、少しずつ泡を溶かすイメージで流していきます。

洗顔後はすぐ保湿を

洗顔後は、清潔なタオルで優しく押さえるようにして水分を取り除きます。その後は、できるだけすぐに保湿をおこないましょう。

まずは、化粧水で水分を補います。ボトルに書かれている規定の量を手に取り、優しく顔を包み込むようにして浸透させましょう。これを2~3回行います。
(内部リンクへ飛ばす:乾燥肌のおすすめ化粧水を紹介!浸透率が高い人気ランキングTOP10)

美容液を使っている場合は、化粧水の次に付けましょう。これも規定量を手にとり、優しく顔全体になじませます。

最後に、乳液やクリームで油分を補います。乾燥を防ぐためにたっぷりの乳液を使う人もいますが、使いすぎはかえって毛穴が詰まる原因となります。使用するのは容器やパッケージに書かれている分で充分です。

角質をとるのはほどほどに

肌の悩みがある女性

角質層がたまってしまうとごわつきや吹き出物の原因になります。ターンオーバーを促して美肌を保つために、定期的にピーリングを行っているという人もおおいでしょう。しかし、角質の取り過ぎはむしろ肌を傷める原因となってしまいます。

角質層は、表皮の一番上にある、たった0.02mmほどの層です。その細胞は肌から排出される直前のいわゆる「死んだ細胞」なのですが、その細胞の間には細胞間脂質がみっちり詰まっています。

細胞間脂質の成分は、約半分がセラミドです。つまり、角質層には保湿成分であるセラミドがたっぷり含まれているのです。

角質を取り過ぎれば、このセラミドも一緒に失われることになります。ピーリングをするとすっきりとした気分になりますが、やりすぎには気をつけましょう。

睡眠を十分に確保し、ストレスを発散する

大人の吹き出物の原因は体の中にもあります。まずは、睡眠を充分に確保し、ストレスを発散することを心がけましょう。

睡眠はできれば8時間以上とりたいところですが、難しいという人も多いでしょう。その場合は、毎日決まった時間に寝る、寝るときは電気を消す、寝る直前の食事は避けるといったことに注意すると、眠りの質が上がり、しっかりと休息を取ることができます。

また、ストレス発散できる方法をひとつ以上持っておくことも大切です。人によって、あるはストレスの原因によって、ストレスの発散方法は変わります。自分にぴったりの方法を見つけて、適度にストレスを発散しましょう。

バランスのいい食事をとる

偏った食生活では肌に必要な栄養が不足し、また、内臓に負担をかけるなど、肌にいいことはひとつもありません。バランスのとれた食事は美肌の基本なのです。

肌をきれいに保つには、たんぱく質やビタミン、食物繊維などが欠かせません。3食の中にこれらの栄養素をしっかり取り入れましょう。それでも不足しがちな栄養がある場合、サプリメントで補うのもひとつの方法です。

野菜や果物をとるのを心がけよう

食生活

野菜や果物からは、美肌を作るのに欠かせないビタミン類や食物繊維をとることができます。意識して食べるようにしましょう。

特に、外食やコンビニ食などが多いと野菜や果物はどうしても不足しがちです。コンビニの惣菜は栄養素が抜けてしまっていることもあるので、できれば新鮮なものを食べたいところですが、まずはできることからでかまいません。

いつもの食事にサラダをプラスする、朝100%の果物ジュースを飲むなど、生活に取り入れやすいことから始めましょう。

大人の吹き出物に良い食べ物

ビタミン

前述のように、きれいな肌にはたんぱく質やビタミン、食物繊維が欠かせません。これらを多く含む食品には、以下のようなものがあります。

  • レバー(ビタミンA、B、亜鉛、たんぱく質)
  • ウナギ(ビタミンA、B、E、たんぱく質)
  • 緑黄色野菜(ビタミンA、C)
  • たまご(ビタミンA、B、亜鉛、たんぱく質)
  • りんご(ビタミンC、食物繊維)
  • さつまいも(ビタミンB、食物繊維)

また、油分の取り過ぎは吹き出物の原因になりますが、反対に不足してしまうと肌の乾燥につながります。青魚やくるみ、亜麻仁油、えごま油に含まれるオメガ3脂肪酸は美肌に効果があるといわれていますから、積極的に取り入れたいところです。

大人の吹き出物はつぶしていいの?

おでこにニキビ

つぶしてはいけないのは、赤く炎症を起こした吹き出物。触るだけでも痛いのに加え、芯を取り出すのが難しく、刺激を与えることで悪化させてしまう恐れがあります。

反対につぶしてもいいのが、先端が白や黄色、黒くなっているものです。これらは比較的簡単に芯を取り出せます。ただし、つぶすときは指や爪ではなく、コメドプッシャーという専用の器具を使いましょう。手や顔を清潔に保ち、消毒など、傷口を正しく処置することも重要です。

きれいに芯が取れれば治りが早くなりますが、うまくいかないと肌を傷つけただけで終わってしまう、あるいは、悪化させてしまうことにもなりかねません。つぶしたい場合には正しい方法とリスクを理解した上で行いましょう。

ニキビをつぶすときの3つ注意!方法とサポート商品を紹介します!

2018.07.19

治りにくい場合や炎症・化膿がひどい場合は皮膚科で相談しょう

女性患者と医者

大人の吹き出物は治りが遅く、治っても同じところに再発しやすいのが特徴です。それでも、体の外と中から丁寧にケアをして吹き出物の原因を取り除いていけば、時間はかかっても徐々にきれいな肌になっていきます。

いくらケアをしても良くならない場合は一度皮膚科に相談してみましょう。病院の薬で大幅に改善されることは少なくありません。また、炎症や化膿がひどい場合、単なる吹き出物以外の病気の可能性もあります。その場合もまずは皮膚科に相談してみることをおすすめします。

ABOUTこの記事の監修者

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。