【完全版】黒ずんだ乳首は美白クリームで憧れのピンク色に

女性

「出産後、乳首の色が濃くなって戻らない!」「夫は何も言わないけど、自分が気になる」「温泉に行くとき気になってしまう」…乳首の黒ずみに悩む女性は多いのですが、なかなか親しい人にも相談しにくく一人で悩んでしまうケースが多いです。

実は乳首もお肌と同じように「美白ケア」することで、ある程度色を明るくすることができるんですよ!美白ケアの方法や、それ以外にも注意点があるので詳しくご紹介いたします。

乳首が黒ずむ理由

ホルモンバランスの変化

ホルモン

「乳首は日焼けしないはずなのに、なぜ黒ずむのだろう?」と疑問に思ったことはないでしょうか。乳首が黒ずむ理由は、お肌のシミやくすみと同じ「メラニン」によるものです。

実は乳首の黒ずみは「女性ホルモン」と密接に関係しています。生理や出産といった能力を持っている女性の体は、エストロゲンやプロゲステロンという「2つの女性ホルモン」に支配されています。生理中にイライラしたり落ち込んだり、体重が増えたりするのも女性ホルモンのせいです。

そして生理や出産などによって2つの女性ホルモンはバランスを変えますが、その時に「メラニン」の分泌も活発になってしまうのです。

面白いことに女性ホルモンの分泌量が低い子供や閉経した女性は、乳首の色が薄い傾向にあります。

妊娠・出産による変化

にんしん婦

妊娠や出産は女性の体に大きな変化を与えます。多くの妊婦さんが「妊娠したら乳首の色が濃くなった」と感じていますし、実際すべての妊婦さんに起こることです。これも女性ホルモンが影響していると考えられています。

さらに、授乳によって乳首は刺激を受けてメラニン色素が多く分泌されます。また、赤ちゃんはおっぱいを吸う時本能的に「黒くてふたつ並んでいるもの(=乳首)」を探します。ある意味出産した女性には「必要な現象」なのです。

授乳が終われば乳首の色がもとに戻る人もいれば、色が濃くなったままの人もいます。こればかりは体質なので、色が戻らないと落ち込みすぎないでください。気になる方は美白クリームでケアをしていきましょう!

ストレスや乱れた生活習慣による変化

ストレスで頭が痛い女性

ストレスや暴飲暴食、不規則な生活や栄養不足などの乱れた生活習慣でも、乳首が黒ずんでしまいます。その原因は、「ホルモンバランスの乱れ」にあります。

「ストレスで生理が遅れた・または1月飛んでしまった」ということはありませんか?この場合も、ストレスでホルモンバランスが乱れているために起こります。

また、ストレスをためるとお肌の「ターンオーバー」が滞るのも原因の1つです。お肌と一緒で、古い角質が溜まることでどんどん乳首が黒ずんでしまいます。

下着の摩擦が原因

女性とブラジャー

メラニンは本来お肌を刺激から守るために体が作る色素成分です。女性は中高生~高校生くらいからブラジャーを付けはじめ、下着の摩擦によってお肌が防御反応を起こしてだんだんと黒ずんでいきます。

つまり、合わないブラジャーを付け続けると摩擦で乳首の色も濃くなりますし、バストの形も崩れてしまい良いことがありません。自分の体にあった下着を身に着けるようにしましょう。ブラジャーのヒモも伸びたりゆるんだりするので、定期的にチェックが必要です。

乳首の乾燥が原因

常に下着に覆われている乳首は「乾燥しない」と思いがちですが、じつは乳首の乾燥に悩む女性は多いのです。乳首は顔と違って生活の中でさらすことはないので、しっかり「保湿ケア」していない女性が圧倒的に多いのです。

お肌と同じで乳首の乾燥はお肌の「ターンオーバー」を遅れさせ、黒ずみが進む原因になります。乳首専用のクリームで保湿ケアをすれば「透明感」がアップしますので、美白ケアにつながりますよ!

乳首の美白ケア

乳首専用の美白クリームを使う

クリームを塗ろうとしている女性

乳首は体の中でもデリケートな部分ですから、美白ケアをしたいなら「乳首専用クリーム」を使いましょう。顔の美白と同じ仕組みですが、乳首専用のクリームも以下の仕組みで乳首を美白ケアしていきます。

メラニンをブロックする

乳首が黒くなる原因は「メラニン」とお話ししましたが、美白ケアができる乳首専用クリームのほとんどはこの「メラニン」を発生させないようにブロックする仕組みを持っています。つまり、「黒ずみを根本的に解決」してくれるのです。

保湿ケアでお肌の「ターンオーバー」を正常にする

ターンオバー

できてしまったシミと同じで、「黒ずんだ乳首」には意外にも「保湿ケア」が肝心です。乳首もお肌と同じく乾燥すると、ターンオーバーが遅くなるのでお肌がなかなか生まれ変われません。保湿ケアでお肌のターンオーバーを整えてあげれば、自然と黒ずんだ肌細胞が生まれ変わってくれます。

つまり、①のメラニンをブロックする成分によって「黒ずみの原因」をブロックしながら、②の保湿ケアでお肌のターンオーバーを整えてあげることで今の黒ずんだ角質を生まれ変わらせるという2つの働きで、きれいなピンク色の乳首を目指すのです。

「乳首の美白ケア」というと美白成分にばかり目がいきがちですが、保湿ケアも結局は美白ケアにつながっているのです。

保湿ケアは念入りに

ジェル

「乳首の保湿ケアは美白ケアにつながる」とお話ししましたが、意外と忘れがちな部分なのでしっかり忘れずに行いましょう。特に今までまったく保湿ケアをしてこなかった人や、「冬になると乳首が乾燥する」とすでに乾燥を感じているならしっかり保湿する必要があります。

体を洗う時やブラジャーによる摩擦、季節性の乾燥や授乳中などとにかく乳首は「刺激」を受けています。乳首専用クリームで保湿ケアを「継続的に」行っていきましょう。

下着のサイズを見直す

白い下着を着ている女性

下着のサイズ、きちんと測ってもらったことはありますか?「学生の時に自分でサイズを測って以降ずっと同じブラサイズ」という人もいます。2008年に行ったワコールの調査によると、女性の71%もの女性がブラサイズを間違って認識しており、さらにその中の54%の女性が本来のバストサイズより「小さいブラジャー」を付けています。

バストサイズは、以下の2か所をまず測ります。

トップバストバストの一番ふくらんでいるところです。下着をつけずに測るのではなく、バストを持ち上げた状態で計測します。自宅で測るときは、一番体にフィットするブラを着用して行いましょう。
アンダーバスト胸のふくらみのすぐ下の部分です。アンダーバストは「65」や「75」というサイズ表記が一般的ですが、実際の体のアンダーバストは「67.5」などキリがよくないことが多いものです。

以下は、有名下着メーカーワコールさんのサイズ表ですので、参考になさってみてください。

アンダーバストの範囲 サイズ
62.5 ~ 67.5 65
67.5 ~ 72.5 60
72.5 ~ 77.5 75
77.5 ~ 82.5 80
82.5 ~ 87.5 85
87.5 ~ 92.5 90

 引用元:ワコール公式通販より

①と②の差異でブラジャーのサイズは決まります。ただ、ブラジャーのサイズは靴と同じでメーカーによって多少違いがありますので、できればメーカーごとに店員さんに測ってもらうほうがいいです。下着ショップの店員さんなら慣れていますし、気軽にサイズを測ってくれますよ!

また、素材も見直したほうがいいでしょう。よく使われている素材はツルツルした「ポリエステル」という化学繊維で、安い反面「摩擦」が大きく乳首が黒ずみやすいデメリットがあります。綿やシルクといった天然素材のほうが低刺激なので、摩擦による黒ずみを軽減してくれますよ。

生活習慣を正す

寝ている女性

ホルモンバランスの乱れも乳首が黒ずむ原因になりますので、生活習慣を整えてホルモンの働きを正常にしてあげましょう。具体的には、夜は10時~0時までにベッドに入る・暴飲暴食をしない、ストレスをため込まないなどが挙げられます。

生活リズムを整えて、体を内側から健康にしてあげましょう。

また、「日焼け対策」も体に取り入れるといいでしょう。下着の上に「薄手のシャツ1枚だけ」という薄着のときは、全身に日焼け止めを塗るのも効果的でしょう。紫外線をブロックして、メラニンの生成を抑える効果が期待できます。

乳首は皮膚が薄くデリケートですから、顔にも使えるくらい保湿成分が豊富に入っているものがおすすめです。万が一お肌にかゆみや異常を感じたら、すぐに使用を中止してください。

おすすめの乳首専用美白クリーム

乳首専用美白クリームの選び方

美白有効成分をチェックする

美首を美白するのに有効な成分は、以下のものが挙げられます。

  • ハイドロキノン
    「お肌の漂白剤」と言われるほど漂白効果が高く、美白に有効な「アルブチン」の10倍~100倍ほどの美白効果があるといわれています。成分が不安定で取り扱いが難しく、少し前までは皮膚科でしか処方されませんでした。現在では低濃度であれば市販薬に配合できるようになっています。美白効果が高い反面、刺激になりやすく人によっては肌トラブルが起きることがあります。
  • トレチノイン酸
    お肌の新陳代謝を促すことで美白効果を高めていく成分です。皮膚がピーリングのようにはがれることもあり、こちらも刺激が強い成分といえます。そのため、こちらは皮膚科医が処方しなければ手に入りません。
  • ビタミンC誘導体
    化粧水やクリームにも配合されている成分で、不安定な「ビタミンC」を人工的に安定させています。メラニンの抑制だけではなく、メラニンの「還元」効果もあるので乳首の色を薄くする効果が期待できます。人によっては、お肌の刺激になり乾燥することもあるので注意が必要です。

保湿成分もチェックする

乳首の美白ケアには「保湿ケア」も大事なことはお話ししましたが、具体的には以下のような保湿成分が配合されているものが効果的です。

  • セラミド
    人の皮膚にも含まれており、保湿には欠かせない成分です。「ヒト型セラミド」や「植物性セラミド」がありますが、一番保湿力が高いのはヒト型セラミドと言われています。
  • ヒアルロン酸
    水分を抱え込む性質があるので、お肌の中に水分を閉じ込めてくれます。水なじみがよく、肌トラブルが起きにくい成分です。
  • プラセンタ
    人や豚、馬などの胎盤に含まれる成分で、アミノ酸などの栄養が豊富です。お肌の保湿効果以外にも、お肌のターンオーバーを整えてメラニンを排出する効果もあります。

このほか、グリセリンやアミノ酸、コラーゲンなども保湿効果の高い成分です。

長く続けられるものを選ぶ

胸にクリームを塗っている女性

乳首の美白をはじめとして、スキンケアというのは「継続」が成功のカギです。そのため、続けて購入できないような高価なクリームを買うことはおすすめしません。美容にかける予算は人それぞれですが、「なくなってもすぐ次を買える」くらいの価格帯がおすすめです。

お肌のターンオーバーは「28日」とよく言われますが、実は年齢が上がるごとにターンオーバーの周期はどんどん遅くなっていきます。そのため、気長に続けていく必要があります。

また、「使用感」も大事です。あまりにベタベタして下着をつけにくいようなクリームだと、夏の汗をかく季節は使う気が起きにくくなります。テクスチャーや香りなど、使っていて「心地いい」と感じるものがおすすめです。

おすすめの乳首専用美白クリーム

それでは、乳首の美白ケアにおすすめのクリームをご紹介いたします。

ホスピピュア

  • おすすめポイント:美白に有効な成分として「トラネキサム酸」が配合されています。保湿成分として「スクワラン」が乳首の内部を保湿して、「シアバター」が表面をコーティングするように保湿してくれます。香料や着色料、界面活性剤やアルコール、保存料を使っていない乳首に優しいクリームです。大手美容外科と共同開発しており、人気のあるアイテムです。
  • 評価:「べたつきが気にならず、お肌になじみやすくていい」「日本製で安心」と高評価です。
  • こんな人におすすめ:「安心安全な成分を使ったクリームが欲しい」という方におすすめです。

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

ピューレパール

  • おすすめポイント:美白に有効な成分としてノーベル化学賞を受賞した「フラーレン」が配合されています。フラーレンはビタミンCの「172倍」もの美白効果があり、メラニンを抑制したり活性酸素を排出したりしてくれます。全身に使える、さっぱりしたジェルタイプのクリームです。
  • 評価:「のびがいいジェルで塗りやすく、すぐにさらっとする」「衛生的なプッシュボトルがいい」と口コミでも評判です。
  • こんな人におすすめ:全身の黒ずみを集中ケアしたい人や、さっぱりした使用感が好きな方におすすめです。

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

WHITE LUXURY PREMIUM

  • おすすめポイント:美白有効成分として「ビタミンC」を配合しているのですが、種類の違う3種類のビタミンを配合した「スーパーVCT」という独自成分として配合しています。角質層のさらに深くまで浸透することで、お肌の奥から美白する働きを期待できます。乳首以外にもデリケートゾーンの美白にも使えます。
  • 評価:「ポンプ式で使いやすい」「乾燥対策にいい」「顔の日焼け後にも効果があった!」と高評価です。
  • こんな人におすすめ:「日本製の安心安全なクリームがいい」「デリケートゾーンにも使ってみたい」という方におすすめです。

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

まとめ

乳首の美白ケアについてご紹介しました。「手術しか方法がないかもしれない」と不安になる方もいらっしゃるようですが、実は顔の美白ケアと同じように保湿ケアやメラニンを抑制することで明るい色を目指すことができます。

普段人目にさらすことはなくても、コンプレックスを感じるとそれだけで気持ちが落ち込んでしまいます。悩みから解放されて、気持ちが楽になることを願っています!この記事が参考になれば幸いです。

ABOUTこの記事の監修者

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。