デンタルフロスおすすめ10選!自分に合った商品を使おう

虫歯予防や口臭予防のためにデンタルフロスを使っている方は多いのではないでしょうか。おすすめのデンタルフロスや使った口コミが2chでも出てきています。しかし、どれを使ったら効果的なのかわからない場合もあるのではないでしょうか。今回は自分に合ったデンタルフロスを選べるようにお伝えしていきます。

初心者におすすめのデンタルフロス

初心者にはホルダータイプがおすすめ

デンタルフロスの糸型とハンドル型の写真

初めてデンタルフロスを使う方におすすめするのはホルダータイプのデンタルフロスです。その理由はホルダータイプのほうが使いやすいからです。

デンタルフロスはホルダータイプとロールタイプの2種類があります。ロールタイプのデンタルフロスは糸型で、使うときはロールから引っ張って必要な分を切って使うタイプです。一方、ホルダータイプのデンタルフロスはしっかりの持ち手に糸が張られています。使い方としては持ち手を持って歯と歯の間に入れて使うだけなので、初心者におすすめです。

ホルダータイプの形は2種類

ホルダータイプのデンタルフロスはY字型とF字型があります。糸巻型のデンタルフロスが苦手な方でも、簡単にデンタルフロスを使えるようにF字型が先に開発されました。しかし、F字型のデンタルフロスは形の問題で奥歯に使うのが難しいので、その欠点を埋めるためにY字型のデンタルフロスが開発されました。それでは、その2種類のデンタルフロスの特徴やメリットを見ていきましょう。

ホルダータイプY字型

3本y字型のデンタルフロス

Y字型のデンタルフロスは、持ち手(ホルダー)がY字の形をしているので、Y字型だと呼ばれています。

Y字型のデンタルフロスの特徴は持ち手に対してフロスが横向きに張られていることです。その特徴があるからこそ、F字型のデンタルフロスでは磨きにくい奥歯を磨くことが出来ます。また、Y型デンタルフロスは奥歯だけではなく前の方の歯を磨くこともできます。前歯を磨くときは持ち手を横向きに持って歯の歯の間に入れて磨きます。

ホルダータイプF字型

F字型のデンタルフロスがコップに入ってる

ロールタイプのデンタルフロスが苦手な方向けに先に開発されたのはF字型のデンタルフロスでした。Y字型のデンタルフロスと同様、形がF字の形をしているので、F字型と呼ばれています。

F字型のデンタルフロスの特徴としては持ち手に対してフロスが縦向きに張られています。また、F字型のメリットは持ちやすいことです。フロスが縦向きに張られていることによって使う時の力加減がしやすくて、お子供さんや初心者の人にもおすすめできます。

しかし、形の問題で奥の方の歯を磨くのが難しいですので、Y字型と使い分けると良いでしょう。

使い慣れた方におすすめのデンタルフロス

糸型のデンタルフロス

ホルダータイプのデンタルフロスのメリットはフロスが既に張られていて、持ちやすくて使いやすいです。でも、フロスが既に張られている事がホルダータイプのデメリットになります。それは、フロスの張り具合を調整できないということです。

ホルダータイプになれてきたらロールタイプのデンタルフロスをおすすめします。過程としてはF字型 → Y字型 → ロールタイプで進んで頂きたいです。

使いなれた方にはロールタイプ(糸巻きタイプ)がおすすめ

ロールタイプのデンタルフロスを慣れてきた方におすすめする理由はフロスの張り具合を調整できるメリットだけではありません。他にロールタイプのデンタルフロスをおすすめする理由は安価のものがほとんどなので、とても経済的です。

しかし、ロールタイプのデンタルフロスは糸を切って、自分で糸を指に巻いて使うタイプなので、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。しかし、前歯にも奥歯にも使えるので慣れて使えるようにしていきましょう。

磨きたい派の位置によって糸の巻き方が違いますので、詳しく知りたい方はこちらへ

ロールタイプは糸の種類が選べます

ロールタイプのデンタルフロスには3種類があります。それはワックスタイプ、ノンワックスタイプとエクスバンドタイプのデンタルフロスです。それでは、それぞれの特徴やメリットを見ていきましょう。

ワックス

ワックスタイプのデンタルフロスはワックス加工をされていて、糸がまとまっていて滑りが良いです。糸の滑りが良いので、歯と歯の間に入れやすくてほつれにくいです。また、歯と歯の間に挿入する時、虫歯や詰め物があっても引っ掛かりにくくなりますので、歯間が狭い方やロールタイプの初心者におすすめです。
しかし、ワックスタイプのデメリットとしては使用した後、歯と歯の間にワックスが残る可能性がありので、使用後はしっかり口をゆすぐようにしてください。

ノンワックス

ノンワックスタイプのデンタルフロスはワックス加工がされていない物のことです。ワックス加工がされていないので、ワックスタイプより滑りが劣っていますが、その分歯と歯の間に入った時表面が広まって、歯垢除去効果がアップします。

しかし、糸がまとまっていないので、ほつれやすいのと引っ掛かって切れやすい弱点があります。特に、虫歯や詰め物がある方は要注意です。しかし、糸が引っ掛かるということは虫歯の発見や詰め物の不具合発見にも繋がりますね。

ノンワックスタイプはロールタイプになれて歯垢除去効果を求める方におすすめします。

エクスバンドタイプ

エクスバンドタイプのデンタルフロスは唾液や摩擦によって糸が膨らむタイプです。ワックス加工されたものとされていないものがあります。デンタルフロスの中で最も歯垢除去率が高いものだと言われていますが、糸が膨らむため歯と歯の間が狭いところには入らないときもあります。

また、無理に使用すると糸が歯や歯の間に入って膨らんで抜けなくなる恐れもあるので、自分の歯の状態をよくわかっている方におすすめします。上手く入らない場合は無理はしないようにしましょう。

おすすめデンタルフロス10選

いろんなデンタルフロスの写真

デンタルフロスって一言で言っても、種類も多くてその種類に応じて特徴もまちまちですよね。そこで、実際に使ってよかったという口コミが多い商品を10個選んで、その商品の特徴、効果を簡単にまとめましたので、参考にしてください。

クリニカアドバンテージ デンタルフロス

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプの写真
  • 洗って繰り返し使えるY字型ホルダーなので、長持ちします。120本の糸にたるみをもたせているので、歯面を広く覆い、歯垢をからめ取ります。
  • 商品サイズ (幅×奥行×高さ) :90mm×31mm×170mm
  • 内容量:18本

クリニカアドバンテージ デンタルフロスの詳細はこちら

小林製薬の糸ようじ  フロス&ピック デンタルフロス

小林製薬の糸ようじ  フロス&ピック デンタルフロス 60本
  • F字型ホルダータイプのデンタルフロスです。フロスは6本の糸があるので、しっかり歯間の歯垢を取り除いてくれます。
  • 商品サイズ (幅×奥行×高さ) :103mm×24mm×175mm
  • 内容量:60本

小林製薬の糸ようじ  フロス&ピック デンタルフロスの詳細はこちら

ライオン DENT.EX ウルトラフロス

ライオン DENT.EX ウルトラフロス S10のパッケージの写真
  • Y字型のデンタルフロスです。糸のゆるみ方が適切なので、細く広がって歯の隙間のすみずみまで行き渡り、効率的に清掃ができる構造になっています。フロス部分は、強くて細い糸を縒らずにたばねているだけなので、使うたびに口がすっきりします。
  • 商品サイズ (幅×奥行×高さ):20mm×90mm×90mm
  • 内容量:10本

ライオン DENT.EX ウルトラフロスの詳細はこちら

小林製薬の糸ようじ Y字型 

小林製薬の糸ようじ Y字型 奥歯の歯間に使いやすい デンタルフロス 18本のパッケージの写真
  • 奥歯に使いやすいY字型です。細くなめらかな4本糸なので奥歯の歯間まで届きやすく歯垢除去効果が期待できる商品です。
  • 商品サイズ (幅×奥行×高さ):98mm*29mm*175mm
  • 内容量:18本

小林製薬の糸ようじ Y字型の詳細はこちら

GUM(ガム)・デンタルフロス&ピック

GUM(ガム)・デンタルフロス&ピック Y字型 30Pのパッケージの写真
  • 歯周病の発症しやすい奥歯に使いやすいY字型ハンドルです。ゆるく張ったフロスがハグキにやさしく、奥歯の汚れを効果的に除去します。フロスには高耐久性、低摩擦力の超高分子量ポリエチレンを採用しています。
  • 商品サイズ (幅X奥行X高さ) : 110mm×36mm×168mm
  • 内容量:30本

GUM(ガム)・デンタルフロス&ピックの詳細はこちら

リーチデンタルフロス ワックス

リーチデンタルフロス ワックス 50Mのパッケージの写真
  • 歯間に入りやすいワックス加工のロールタイプのデンタルフロスです。フロスが細くて優しくきれいに歯垢を除去出来ます。フロス初心者の方又は歯間が狭い方におすすめします。
  • 内容量:50M

リーチデンタルフロス ワックスの詳細はこちら

クリニカ アドバンテージスポンジフロス

クリニカ アドバンテージスポンジフロス 40m×2個のパッケージの写真
  • エクスバンドタイプのデンタルフロスなので唾液、水分でスポンジが膨らみ、歯肉に優しく、歯垢を効果的にからめ取ります。オレンジ、グリーン、ブルー、クリアの4色ございますが、色はお選びいただくことが出来ません。
  • 商品サイズ (幅×奥行×高さ):70mm×44mm×101mnm
  • 内容量:40m×2個

クリニカ アドバンテージスポンジフロスの詳細はこちら

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス)

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40mのパッケージの写真
  • 水分を含むと広がるエクスバンドタイプのデンタルフロスです。歯間に挿入しやすく歯垢除去効果の高く、残量がひと目でわかる形状のケースに入っています。
  • サイズ:70*100*22(mm)
  • 内容量:40m

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス)の詳細はこちら

リーチデンタルフロス ノーワックス

リーチデンタルフロス ノーワックス 50Mのパッケージの写真
  • 無香料・無添加のノーワックスのデンタルフロスです。ワックス加工なしなので歯垢をしっかり除去してくれます。
  • 内容量:50M

リーチデンタルフロス ノーワックスの詳細はこちら

ジーシー GC ルシェロ フロス ミントワックス

ジーシー GC ルシェロ フロス ミントワックス 30m ピンクのパッケージの写真
  • ワックスタイプのデンタルフロスです。1400本の糸束で水を含むとふんわりと膨らむタイプです。しかし糸束は太くないので、狭い歯間でも問題なく入ります。
  • 内容量:30M

ジーシー GC ルシェロ フロス ミントワックスの詳細はこちら

自分に合った商品を使用し、お口の健康を守る

デンタルフロスにはいろんなタイプがあります。また、人によって歯の生え方も様々ですので、自分に合ったデンタルフロスを自分で見つけて効果良く使いましょう。また、お口の健康を守るためには毎日の継続が大事ですので、歯ブラシの後にデンタルフロスでのオーラルケアを行っていきましょう。

ABOUTこの記事の監修者

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。