日焼けした後のケアってどうすればいいの?肌の美白アフターケアを紹介!

日焼けした女性の顔

しっかり日焼け対策をするはずだったのに、やっぱり日焼けしてしまった…という方、肌が赤くなって、ヒリヒリして痛くて困ってらっしゃるかもしれません。肌が黒くなりたくないと心配している方も少なくはないはずです。でも安心してください。日焼けをした後のケアによって、肌への影響を最小限におさえることができます。何もせずにあきらめないで、いますぐ実行に移りましょう。

なぜ、日焼けをしてしまうの?

日焼けした女性

太陽の日差しを浴びると、なぜ日焼けしてしまうのでしょうか。それは、肌の防御作用が働くからなのです。いったいどういうことなのか、まずは皮膚の構造について見てみたいと思います。

皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。皮膚のいちばん表面にある表皮は、紫外線などの有害物質から身体を保護する働きがありますが、この表皮は4層からできています。4層とは、皮膚の表面から角質層、顆粒層、有蕀層、基底層のことです。この4層は、いちばん奥にある基底層で生まれた表皮細胞が徐々に角質層へと押し上げられ、最後にアカとなって剥がれていくターンオーバーを繰り返しています。こうして肌はキレイに生まれ変わっているのです。

さて、太陽の日差しに当たると、表皮の中でもいちばん表面にある角質層が、体内に入り込まないように保護しようとします。それでも入り込んでしまった紫外線は、表皮のいちばん奥にある基底層で、基底細胞の間に点在するメラノサイトがメラニン色素を作り、紫外線を吸収して真皮への侵入を防ぐのです。このように、皮膚は紫外線によるダメージを身体が受けないように防御しています。日焼けをして皮膚が黒くなってしまうのは、皮膚がしっかりと働いた結果であるとも言えるんですね。

日焼けしてしまった後にすぐにやるべきケア!

うっかり日焼けしてしまったら、すぐにケアすることが大切。できればその日のうちに対処したほうがベターです。すぐに実行して、肌へのダメージを少しでも抑えるようにしましょう。

まずは冷却・保湿

スキンケア

日焼けした肌は、軽いやけどを負った状態と同じです。熱を取るために、まずは冷やすことが大切。熱を持った皮膚を落ちつかせ、日焼け直後のヒリヒリした痛みを取り除きます。日焼けの程度によって冷やす時間はまちまちですが、肌のほてりが取れるまで、しっかりと冷やしましょう。保冷剤や冷たく冷やしたタオルなどを患部に当てるか、水風呂などに浸かるのもおすすめです。日焼けの度合いがひどい場合、いきなり冷やすと患部に負担を与えます。タオルなどに包んで冷やすようにしましょう。

また、日焼けによって肌に熱がこもると、皮膚から水分がどんどん蒸発していきます。身体がだるくなったり、疲れがどっと出たりすることもありますので、しっかりと水分補給をすることも忘れずに。水分を補給することは、肌への保湿にも役立ちます。

こうして肌のほてりが十分に取れたら、とにかく保湿を取り入れること。皮膚がかなり敏感になっているため、刺激の少ないタイプの保湿化粧水を使いましょう。化粧水の量はいつもよりも多めに使った方がベター。そっとハンドプレスしながら肌になじませていきます。化粧水が終わったら、乳液やクリームなどのオイルベースのアイテムを使って、皮膚からの水分の蒸発をカバーします。なお、日焼けがひどい場合は、皮膚科などの専門期間に相談するようにしましょう。

いきなりの美白ケアはダメ

保湿剤を取り入れる際、美白成分などが含まれた製品は控えること。ダメージを受けた皮膚には刺激が強すぎてしまい、ダメージを悪化させてしまいます。早く美肌に戻したいからといって、いきなり美白ケアを行うのはNG.

日焼けした肌を美白する方法5つ

笑っている女性

肌には、自ら再生を図る機能があります。これが肌のターンオーバーです。この機能を高めることで、日焼けした肌も剥がれ落ち、キレイになります。また、美白アイテムを取り入れて、アフターケアを万全にし、美肌効果が期待できるビタミン類を取り入れ、日焼けをしないように注意するなどの方法もあります。さっそく見てみましょう。

ターンオーバーを促進する

肌のターンオーバー機能を正常化させるためには、生活習慣を改善することが第一。睡眠不足、偏った食生活、ストレスや喫煙など、生活習慣を乱すことはなるべく改善していくことで、肌の健康も取り戻すことができます。

運動をする

ジョギングしている女性

食生活やスキンケアには注意していても、肌の調子がイマイチ…という方は、運動不足が原因かもしれません。

運動不足になると、身体の新陳代謝が落ちてしまい、血行が悪くなっていくことで、体内に必要な栄養分が行き届かなくなるだけではなく、体内の老廃物などがスムーズに排出されなくなってしまいます。こうなると、肌のターンオーバー機能もうまく働かなくなってしまいます。

忙しい毎日を送っていると、なかなか運動をすることもむずかしいのですが、たとえば通勤時間を使ってウォーキングする、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うなど、ちょっとしたことで運動を取り入れることができます。今日からでも実践してみてください。

睡眠をとる

寝ている女性

睡眠は美肌を保つために不可欠です。というのも、入眠してしばらくしてから分泌される成長ホルモンが活発となることで、肌のターンオーバーも活性化されるからです。

成長ホルモンは、人間の身体の代謝に深く関わっていて、成長ホルモンが出なくなると、さまざまな症状が現れるようになります。コレステロールが増えたり、心臓の機能が低下して心筋梗塞などの症状が現れたり、内臓脂肪が増えたりと、肌のターンオーバー機能が正常に働かないどころではないさまざまな健康上の問題が出てきます。

寝つきが悪い、なかなか眠れないなどのトラブルを抱えてらっしゃる方は、睡眠前に入浴するほか、音楽、アロマ、ヨガなどを取り入れて身体にリラックスを与え、しっかりと睡眠が取れるようにしたいです。

栄養バランスを整える

サラダを食べている女性

人間の身体は食べ物でできています。このため、正しい食生活を送らないと、肌に限らず、身体にも影響を及ぼしてしまいます。とはいえ、栄養バランスの取れた食生活を送るのは意外とむずかしいもの。最近では、三大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質に加え、ビタミンやミネラルを加えて五大栄養素とするだけではなく、食物繊維やファイトケミカルをプラスして七大栄養素と呼ぶこともあります。

まずは食事の時間を一定にし、主食と、タンパク質が含まれたおかずと野菜を摂るようにしていくことからはじめ、徐々に七大栄養素を意識していくようにしましょう。

日焼けした後の肌には美白化粧品でアフターケア

きれいな女性

日焼け直後のほてりが十分に取れたら、さっそく美白化粧品でアフターケアをはじめましょう。美白化粧品を選ぶ際、厚生労働省が認可した美白有効成分を意識することも大切です。現在までのところ、アルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸など20成分ほどがありますので、意識して取り入れていきましょう。

おすすめ美白化粧水

美白化粧水を選ぶ際、美白成分がしっかりと配合されているか、保湿力がしっかりと確保されているのかなどをチェックしてから選びたいです。おすすめの美白化粧水はこちらをご参照ください。

【2018年版】おすすめの美白化粧水人気ランキング10選【プチプラ編】

2018.06.28

おすすめ美白クリーム

美白クリームは、美白成分の有無をチェックするのはもちろん、肌タイプに合ったテクスチャーかどうかも重要です。またフェイス用とボディ用も使い分けた方がいいので、目的に合ったタイプを選ぶことが必須となります。おすすめの美白クリームはこちらをご参照ください。

【2018年版】美白クリームおすすめ人気ランキング10選【顔編】

2018.07.18

ピーリング剤を使用する

ピーリングは、肌にピーリング剤を塗って、強制的に皮膚に自己再生させることで、肌をキレイにする働きがあります。日焼けによって黒ずんでしまった皮膚がキレイに剥がれ、新しい皮膚が生まれてくるわけです。ただし、ピーリングは、肌に負担をかけることもあるため、使いすぎると肌にダメージを与えることになってしまいます。最近ではピーリング効果のある成分が配合された洗顔料なども市販され、気軽にピーリングすることができますが、日焼けでダメージを受けた皮膚を扱う際は、注意して使うようにしましょう。

ビタミン類を積極的に摂る

ビタミンのイラスト

肌に栄養を与えるビタミンはたくさんあります。食事で摂り入れたり、サプリメントで補ったりと、さまざま方法で積極的に摂ることができますので、日々の食生活では意識していきたいところです。とくに肌を再生する栄養素として、肌荒れの改善に働くビタミンB群のほか、ビタミンエースと呼ばれるビタミンA、C、Eなどは、どんどん摂り入れていきたい栄養素。ビタミンB群は大豆や卵、豚肉などに含まれ、ビタミンAは肉や魚、緑黄色野菜などに多く含まれています。ビタミンCといえば果物や野菜、ビタミンEといえばナッツ類などに多く含まれています。こうした栄養素も極端に偏って摂りすぎるのはよくありません。バランスよく摂り入れていくことが大切なのです。

新たな日焼けをなくす

日焼け止めの効果

一度日焼けしてしまった肌はデリケートになっている可能性があります。日焼けを繰り返して、肌にさらなる負担を与え、シミになってしまわないように、しっかりと日焼け対策をすることが大切です。

日頃からしっかりと日焼け止めを塗り、紫外線をカットするだけではなく、帽子や日傘などで紫外線を遮断し、紫外線の侵入をしっかりと防ぐことも大切です。

また、夏の暑い時期が過ぎると、つい油断してしまいます。夏以降も、日焼けをしないようにしっかりと日焼け対策をしておかないと、忘れた頃にシミが現れることもあります。

最終手段・美容点滴やプラセンタ注射を行う

注射器

ビタミンやミネラル、プラセンタなどが配合された薬剤を点滴や注射などで血液中に取り入れて、美肌や美白効果を目的とした美容点滴が流行っています。クリニックによっては費用があまりかからないところもありますので、気になる方は取り入れてみるのもひとつです。

美白を目的とした美容点滴の場合、強い抗酸化作用で美白効果が期待できるビタミンCなどをはじめとした成分が使われます。どの程度の効果があるかなどについては、クリニックで確認したほうがよいでしょう。

プラセンタは胎盤を意味し、動物の胎盤から抽出されたエキスのことです。プラセンタには女性ホルモンの分泌を促すタンパク質が豊富に含まれていることから、細胞を増殖させ、美肌へと導いてくれます。ただ、体質によってはアレルギー反応などが現れることもありますので、受診する際は医療機関としっかり相談するようにしたいですね。

日焼けあとを気にせず、夏を満喫しましょう!

日焼け止め

日焼けしてしまった後もしっかりと日焼け対策を行っていれば、肌の状態が悪化することはありません。日焼けを気にしすぎるあまり、楽しい夏がつまらなくなってしまうのはもったいないですよね。生活習慣や食生活を意識して、しっかりとスキンケアを行ったら、夏を存分に満喫しましょう。

ABOUTこの記事の監修者

LIL 編集部

LIL編集部です。 人生を愛する人が1人でも増えてほしいという願いを込めてサイトを運営しています。人生を愛するためには健康であることが必要だと思います。健康になるためには生活習慣が大切です。生活習慣を改善し健康になれるような情報を伝えていきます。